ドラマ『死役所』黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでんがレギュラー出演

9月19日(木)7時22分 オリコン

連続ドラマ『死役所』(10月16日スタート)黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでんのレギュラー出演発表(C)「死役所」製作委員会

写真を拡大

 テレビ東京系で10月期に放送される連続ドラマ『死役所』(10月16日スタート、毎週水曜 深0:12)に出演するレギュラー陣が発表された。今回、明らかになったのは主演の松岡昌宏TOKIO)が演じる主人公・シ村を取り囲むシ役所の仲間たち。

 二十歳の誕生日に急性アルコール中毒で亡くなった、天真爛漫な女子大生・三樹ミチル役に、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』『アシガール』(NHK)での熱演で注目された黒島結菜。ある日、いきなり“死”を迎え、さまざまな思いを抱えてシ役所にやってきたミチルは、シ村やシ役所職員たち、死者たちと触れ合うことで、自分の“生”と向き合っていく。

 黒島は「ミチルは『死役所』の中で唯一の『一般視聴者目線』となるキャラクターだと思うので、常に視聴者の方々に近い存在でいたいなと思っ います。ただの “重い物語”ではなく、ちょっと“夢を見ているような世界”というような部分も純粋に楽しんでいただければ。原作ファンの方にも楽しんでもらえるように頑張りたいと思います」とコメントを寄せている。

 一見、チャラそうな今風な青年だが、出生に大きな秘密を抱え、苦しみ抜いた末に大事件を引き起こした、生活事故死課の職員・ハヤシ役に、連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)で広瀬すず演じる主人公の義兄・照男を演じた、清原翔。

 美人で仕事ができるが笑顔はなく、口が悪い…。生前は美容師だった自殺課の職員・ニシ川役に、『ホリデイラブ』(テレビ朝日)や『奪い愛、夏』(AbemaTV)など数々の作品で話題になる松本まりか。

 強面だが人情に厚く涙もろい、「死役所」の良心。生前は妻に先立たれ子どももなかったため、姪・ミチを娘のようにかわいがっていたが、ある事件に巻き込まれてしまった他殺課の職員・イシ間役に、でんでんがキャスティングされている。

オリコン

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ