犬童美乃梨、橋本梨菜、青山ひかるらのグラドルユニット「sherbet」、6年間のライブ活動に終止符「みんなと過ごした6年間は私にとって財産」

9月19日(日)16時6分 オリコン

sherbet全国ワンマンツアー「Crystal Memories tour final 2021」ファイナル公演より(18日・品川ステラボール)(C)Deview

写真を拡大

 犬童美乃梨、橋本梨菜、青山ひかる、河路由希子、清瀬汐希ら個々でも人気のアイドルが集結して結成されたグループ「sherbet」。全国ワンマンツアー「Crystal Memories tour final 2021」のファイナル公演を18日、品川ステラボールにて行った。このライブを持ってライブ活動を休止するsherbetは、6年間の集大成を見せつけ、ファンに感謝を届けた。

ファイナル公演では、DJコーナーの“Club sherbet”を挟み、ダブルアンコールを含む全17曲を披露し完全燃焼。途中、卒業メンバーからのサプライズの花束贈呈、レーザーでのメッセージなどの演出もあり、メンバーも涙のラスト公演となった。

 6年前、自身の強い想いでグループを結成した犬童は「自分がやりたくて始めて…結成された時とメンバーは違うんですけど、今ファイナル公演をこの5人で迎えられて、本当に幸せに思っています。皆さんには感謝しかありません、このメンバーとスタッフさん、ここにいるクルー(ファン)の皆さん、今日は来れていないクルーの皆さん、本当にクルーの皆さんがいてくれてのsherbetです、みんなと過ごした6年間は私にとって財産です。本当にありがとうございます!」と感謝を込めてメッセージを贈った。

 ライブ活動は休止となるが、グループとしてのsherbetは存続し、YouTubeの「シャベチャン」のほか、個人でのグラビアタレント活動も継続。6年間のライブ活動で得た成長と、クルーとの絆で、今後も活躍を続けていく。

オリコン

「青山」をもっと詳しく

「青山」のニュース

「青山」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ