有吉・マツコが“イジり”と“イジメ”の差を熱弁 「対等であれば通用する」

9月19日(木)11時1分 しらべぇ

有吉・マツコ

議論されがちなイジりとイジメの境界線。18日深夜放送『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)では、有吉弘行マツコ・デラックスが同話題に言及、2人の持論に視聴者からも大きな反響が起きている。


◼イジられキャラに悩む投稿者

「イジられキャラとイジられないキャラ、どっちがいい?」と悩む29歳の投稿者。

有吉は、「(投稿者のように色々と考えすぎて)理屈っぽい人に『イジられてみなさい』っていうのはハードルが高い」と指摘した。

マツコも「イジられるのも簡単じゃない。それこそイジメみたいなものから、みんなの人気者でイジられる場合もある」とイジられることの難しさを熱弁する。

イジる側だった2人はイジられる人の気持がわからないとしながらも、有吉は「部活とかだと、対等に、荒くイジったりイジられたりする」と思い返す。

これにマツコは「イジりの基本はそれ」と共感しつつ、「何をされたいのかによる。チヤホヤされたいのとは違う」とさらに分析を深めていく。


関連記事:有吉・マツコ「これはダメ」 お互いの「オシャレっぷり」をイジリあう展開に困惑

◼対等かどうかが問題?

「みんなが対等であればイジリは通用する。立場が違うとイジメになる」と有吉は主張。マツコは「オカマは罵り合ってなんぼ。はたから聞いたら相当傷つくことを言い合っていたけど、イジリをプレイとしてお互いに楽しんでいた」と自身の経験を踏まえ共感する。

そこから「イジるより冷たく攻撃してくる先輩はいた」とマツコは思い出し、権力のある人間が嫉妬混じりにイジってくることはイジメだと強調。2人は「イジられるべきか、イジられないべきかは難しい問題」と締めくくった。

◼視聴者の反応は…

過度なイジリは「イジメ」と捉える場合もある繊細な問題だけに、視聴者も2人の主張に興味を覚えたようだ。多くの感想が寄せられている。


◼6割強は「イジりはイジメ」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女の男女1,342名を対象に調査したところ、6割以上が「イジりはイジメだと思うことがある」と回答している。

イジリ・イジメ

多くの場合、立場が上の者が下の人間をイジりがちだ。そのとき、下の人間が不快感を覚えてしまったならば、それはイジりではなくイジメになってしまうだろう。

有吉らの主張を例にするなら、お互いにイジり合える関係性でなければイジメではないイジりを成立させるのは難しいのかもしれない。


・合わせて読みたい→若手芸人が囁く驚きのジンクス 「森脇健児の自宅でアレをすると売れる」


(文/しらべぇ編集部・サバマサシ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日

対象:全国20代〜60代の男女1.342名(有効回答数)

しらべぇ

「マツコ」をもっと詳しく

「マツコ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ