自分が物語の真ん中に立てないからかき回したい...『奪い愛、夏』瞳(田中みな実)の色仕掛けが怖すぎる

9月20日(金)10時0分 AbemaTIMES

 9月19日(木)夜11時より、AbemaTVオリジナルドラマ『奪い愛、夏』の第7話が放送され、田中みな実演じる井川瞳の色仕掛けが怖すぎると反響を呼んでいる。

 本作は、主演の水野美紀とともに、鬼気迫る演技に定評のある小池徹平松本まりかの“豪華怪演陣”が一挙に集結し、危険な愛のトライアングルに挑むクレイジー“狂愛”ドラマ。テレビ朝日系で2017年1月から3月にかけて放送され、狂気と怪演技、ドロドロの愛憎劇が話題を呼んだドラマ『奪い愛、冬』と同様に鈴木おさむが脚本を務め、全く新しいオリジナル版として放送する。

 桜がいなくなってしまうかもしれないと聞いて自分の本当の気持ちに気づいた杏は、「いろんな気持ちを取り除いて、いまわたしの気持ちにあるのはね、私、桜さんと一緒にいたい」と椿に思いを告げる。杏に振られてしまった椿は、いよいよおかしくなってしまい、怒りをどこにぶつけたらいいかわからなくなっていた。

 どうにか発散しようと、バッティングセンターでバットを振り続ける椿。そんな椿の前に現れたのは、杏の同僚の瞳(田中みな実)だった。

 瞳は「わたしね、椿さんのことずっと好きだったんです」と告白。以前、椿のことを殺そうとしたことについても「好きだから死んで欲しいんです。振り向いてくれないから」「今ならこの気持ち、わかりますよね?」と主張し、椿の頬に手を添えた。

 さらに、「杏の代わりにわたしのこと抱いてみません?」と誘惑。椿は、瞳とキスをし、ふたりはホテルへと向かった。

 しかし、瞳が純粋に椿を思って行動したわけがなく、瞳は行為の瞬間を携帯に録音していたのだ。

 「杏に送ろうかな〜?」と脅す瞳だったが、「それで杏が俺に嫉妬してくれるんだったら…」と椿は予想外の反応。瞳は、今度は椿に「桜社長のこと、殺したらいいんじゃないですか?」と提案し、不敵な笑みを浮かべるのだった。

 「自分が物語の真ん中に立てないからかき回したい」とあらゆる異常な行動を淡々としてみせる瞳には、「みなみこえー」「サイコパスやん」「うわぁこの女怖」と視聴者からも怯える声が。また、その美しさに「井川やべーかわいいなあ」「エローーーっっw」「ヤンデレすこ」「みなみのファンになった」「みなみちゃんベッドシーンうれしい」「くっそ可愛いなw」といった声もあがっていた。
 

■番組情報
『奪い愛、夏』第7話
番組URL:https://abema.tv/video/episode/90-1290_s1_p7

AbemaTIMES

「奪い愛、夏」をもっと詳しく

「奪い愛、夏」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ