丑の刻参りに百度参り、滝行...椿(小池徹平)&杏(松本まりか)が愛に狂い神頼みに走り出す!『奪い愛、夏』第7話

9月20日(金)14時22分 AbemaTIMES

 9月19日(木)夜11時より、AbemaTVオリジナルドラマ『奪い愛、夏』の第7話が放送され、小池徹平松本まりかの怪演が話題となっている。

 本作は、主演の水野美紀とともに、鬼気迫る演技に定評のある小池徹平と松本まりかの“豪華怪演陣”が一挙に集結し、危険な愛のトライアングルに挑むクレイジー“狂愛”ドラマ。テレビ朝日系で2017年1月から3月にかけて放送され、狂気と怪演技、ドロドロの愛憎劇が話題を呼んだドラマ『奪い愛、冬』と同様に鈴木おさむが脚本を務め、全く新しいオリジナル版として放送する。

 自身に契約結婚を持ちかけてきた社長の花園桜(水野美紀)が、恋人の空野杏(松本まりか)と実は元恋人同士だったことを知った椿(小池徹平)は、桜から隠れながら杏とふたりで暮らすが、見つかり杏を奪われてしまう。椿は、杏を奪い返そうと桜と直接対決。しかし、勝負の途中で桜が突然失神。実は、桜の脳には腫瘍ができており、命は長くないとのこと。それを知った杏は、自分がまだ桜のことが好きだという事実に気づくのだった。

 これまでもキャストの怪演が話題となってきた本作だが、7話ではとくに杏を演じる松本まりか、椿を演じる小池徹平の怪演が炸裂。

 椿は杏のことを愛するばかり、杏のことを奪った桜を恨み、「失敗しろ、失敗しろ」と手術が失敗するように丑の刻参り。さらに、手術をすることと引き換えに杏と関係を持った大和のことも「地獄に落ちろ、地獄に落ちろ」と丑の刻参りしていた。

 杏もまた、桜の手術が終わると、桜が目を覚ますように願い、「私にできること、なんでもやりますから」とお百度参りで神頼み。「桜さんが目を覚ましますように」と滝に打たれながら願い続けるなど、驚くような行動を見せた。

 そんなふたりの行動に視聴者は大ウケ。「御百度参りは草」「あんずは本当悪い宗教はまるりそうだよなぁ」「やることみんな古すぎるw」「滝www」「カオスすぎて無理爆笑」「殺意が大和にww」「椿ほんとに草」といったコメントが多数寄せられていた。
 

■番組情報
『奪い愛、夏』第7話
番組URL:https://abema.tv/video/episode/90-1290_s1_p7

AbemaTIMES

「小池徹平」をもっと詳しく

「小池徹平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ