舞台「劇団シャイニング form うたの☆プリンスさまっ♪『マスカレイドミラージュ』」 ビジュアル撮影に臨んだキャスト陣にインタビュー

9月20日(水)18時0分 アニメイトタイムズ

シャイニング事務所のアイドルたちで構成された“劇団”をテーマに、2013〜2014年にかけて3つの演劇タイトルに挑戦した『うたの☆プリンスさまっ♪』オフィシャルプロジェクト「劇団シャイニング」。今年、新たなスタッフ、キャストを迎え再始動しました。

第1弾作品『天下無敵の忍び道』に続き、早くも第2弾作品『マスカレイドミラージュ』の上演が決定。2017年9月28日(木)〜10月1日(日)「AiiA 2.5 Theater Tokyo」、10月5日(木)〜10月8日(日)新神戸オリエンタル劇場にて公演が行われます。

そんな本作でレイジー役を演じる染谷俊之さん、シーノ役を演じる田川大樹さん、アインザッツ役を演じる太田基裕さんの、衣裳を着てのビジュアル撮影が行なわれました。

撮影後にはお三方によるインタビューも行われ、出演が決定した時の心境や、共演するふたりに対する印象などが語られました。そのインタビューの様子が届きましたので、撮影時の写真と合わせて本稿でご紹介します。ファンに満足していただけるような作品にしたい
──今回、「マスカレイドミラージュ」に出演が決まったときの心境をお聞かせください。

レイジー役・染谷俊之さん(以下、染谷):『うたの☆プリンスさまっ♪』のことは僕も知っていたので、そんな作品に呼んでいただけるというのはすごくうれしいし、光栄だなと思いました。単純にうれしかったです。シーノ役・田川大樹さん(以下、田川):『うたの☆プリンスさまっ♪』のことは昔から知っていて、その派生作品に出演できることが本当に嬉しいです。でも、本当にこの大舞台を乗り越えられるのか、すごく大きな不安も感じています。アインザッツ役・太田基裕さん(以下、太田):『うたの☆プリンスさまっ♪』がとても人気な作品だというのはよく周りでも聞いていて、気になっていました。今回、それに関わる大切な役をいただけて、感謝の気持ちでいっぱいです。──メイク、衣裳をつけての撮影をされた感想をお聞かせください。

染谷:衣裳がすごく豪華だなと思いました。まだ少ししか着ていないので、自分自身慣れていないんですけど、本番に向けてステージングとかで衣裳を味方につけられるようにしていきたいなと思いました。

レイジーは、前髪が特徴的なんですが、そこも忠実に表現されていてすごくうれしかったです。前髪の躍動感にもぜひ注目してください。

田川:初めて衣裳を見たとき、クオリティの高さに本当に驚きました。特に小道具とか衣裳は至近距離で見ても、どの角度で見ても完璧なんです。ジャケットも牛2.5頭分もある本革を使っているんです。

そういった細かな所にまでこだわっている様子を見て、この作品がたくさんの人に愛されていて、関わるスタッフの方々も、丁寧に本気で創り上げているんだということが、身に染みてわかりました。

その大切なバトンを僕も受け取って、これから乗り越えなきゃいけないことがいっぱいあるんだなと、ますます気が引き締まりました。

太田:アインザッツは、髪の色が特徴的です。こういった色の個性が強いウイッグは、今までつけたことがなくて不安がありましたが、衣裳合わせや撮影を重ねる中で、自分になじませていきました。

また、本番に向けてメイクや衣裳の見せ方も変わっていくでしょうし、本番に入ってからも試行錯誤すると思います。どんどん素敵になっていければいいなと思いながら撮影していただきました。

衣裳は何度も微調整を重ねていただいた、ゴージャスな衣装ばかりなので、その辺もしっかり観ていただきたいです。──ご自身が演じられる役柄への印象をお聞かせください。

染谷:僕は妹がいないんですけど、もしレイジーのように妹がいたら絶対に溺愛するだろうなと。そこに共通点があるのかなと思います。

それから、仲間思いだったりとか、貴族の跡取りだったりとか、レイジーは人として完成されているな、という印象です。内面に秘めている部分なんかも、すごく魅力的な人物だなと思いました。

田川:前回演じられていた那月さんとは、身長が186cm、AB型、料理が趣味で、動物がすごく好きと、僕と同じ部分がたくさんあって、運命的なものを感じています。

今回は、舞台のテーマが仮面舞踏会ということで、ドラマCDのセリフでもあるように「人は仮面をつけることで素直になれる」といった登場人物同士の心の駆け引きなどが描かれています。シーノは、眼鏡という仮面を付けている時はとても純粋で優しいけれど、眼鏡をつけていない時には過激な一面もあって、それも彼の本心であると考えると、とても魅力的なキャラクターだと思いました。

太田:アインザッツのことは、まだ勉強している最中ではあるのですが、ツンツンしているけど心を開いたらすごく優しいところもあって、そのギャップが魅力的ですよね。

劇中でも儚さや切なさを表現する場面があったりと、自分の中で掘り下げられる要素がたくさん詰まっている人物だなと思っています。そういう深みというか、彼だからこそ持つ悩みとか切なさを美しく演じられたらいいなと思っています。──今回共演される他のおふたりの印象はいかがですか?

染谷:太田さんのことは、もっくんと呼んでいるんですけど、すごく頼りになる先輩で、何回も共演させていただいています。今回は衣裳を着た状態でお会いできたんですけど、なんだか新しいもっくんだなって。このもっくんと一緒に共演できるのは楽しみだなと思いました。

田川くんは、少ししかお会いできていないんですが、すごく礼儀正しくて、いい方だったので共演が楽しみです。この3人の絆が大事になってくる作品だと思うので、これからどんどん仲良くなっていけたらいいなと思います。

田川:フィッティングで太田さんに初めてお会いしたとき、すごく美しい方だなと思いました。美しさの中でも透明感のある美しさ。立ち振る舞いだとか喋り方だとか、洗練された感じがまさにアインザッツだなって。ミステリアスな雰囲気も役にぴったりだと思いました。

染谷さんは瞳が吸い込まれそうなほど大きくて、顔立ちからもぶれない強さや気持ちの深さを感じて、妹想いのレイジーにすごくぴったりだなって思いました。僕からしたら雲の上のようなお二人ですが、できるだけくらいついて、共演して良かったと思ってもらえるように頑張りたいと思います。

太田:染ちゃん(染谷さん)は、これまでに何回も共演させていただいているんですが、レイジーを見たときに、染ちゃんにぴったりだなって思いました。きっとハマり役になるんだろうなって思っています。染ちゃんと僕は似たところもあるので、いい余裕を持ちながらも、役者として切磋琢磨して演じていけたらいいなと思います。

田川さんは、すごく好青年な方で素敵な印象を持ちました。でもまだすごく気を使ってくださっているからこその距離感みたいなものを感じるので、稽古場では和気あいあいといろいろなことを話しながら楽しくやりたいと思います。──公演にむけて、意気込みをお願いいたします。

染谷:すごく人気があってファンの方もたくさんいらっしゃる作品ですので、その方たちの期待を裏切らないよう稽古から全力で取り組んでいこうと思っています。そして、僕たちもこの作品を愛して、この作品を愛してくださっている人たちに満足していただけるような、そんな作品にしたいと思っていますので、皆さん楽しみにしていてください。

田川:本当に多くの方々に愛されて、大切にされてきた作品だと思います。今回僕が演じることでお客様が素敵な笑顔になってくれて、シーノを演じたのが僕でよかったと思ってもらえるように、全身全霊をこめて頑張っていきたいと思います。

太田:作品のファンの方がたくさんいらっしゃるのでプレッシャーも感じていますが、その中でもそれぞれの役者の魅力とか僕たちが演じる熱意を注ぎ込んで、たくさんの方に楽しんでいただける作品になるといいなと思っています。

クールな眼差しにキュン♪
ここからは撮影現場の様子を写真でお届け! カメラに向けられた視線にご注目ください!作品情報
舞台は貴族たちの秘密の社交場、仮面舞踏会。そこに集いし3人の若者と彼らを取り巻く人間模様、そして仮面の奥で渦巻くそれぞれの思惑を、新たなストーリーで描き出します。妖しく、魅惑的なマスカレイド——。めくるめく一夜をご堪能ください。【CAST】
レイジー:染谷俊之
シーノ:田川大樹

アインザッツ:太田基裕


ジェルマン:窪寺 昭
ジャスパー:堀池直毅
スペンス:岸本卓也
ジルコニア:関戸博一

■アンサンブル
浅川仁志
池田謙信
甲斐祐次
木原健人
隈本秋生
寒川祥吾
原田将司
堀田優希
村上健斗 (五十音順)

【STAFF】
原案:「うたの☆プリンスさまっ♪劇団シャイニング マスカレイドミラージュ」
脚本・演出:ほさかよう(空想組曲)
音楽:Elements Garden
主催:劇団シャイニング
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン

>>http://gs-masmira.com/ (劇団シャイニング 公式サイト)
>>http://liveviewing.jp/gs-masmira/ (大千秋楽ライブ・ビューイング情報サイト)

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

うたの☆プリンスさまっ♪をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ