テレ東が「バス旅」類似番組を連発で田中要次&羽田圭介コンビの首筋が寒い!

9月20日(木)9時59分 アサ芸プラス

 田中要次羽田圭介の新コンビによる「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」(テレビ東京系)=以下「バス旅」=の最新作・第7弾が9月29日に放送される。今回は宮城県・塩釜から青森の恐山を目指すルート。マドンナは秋本奈緒美が務める。

 昨年、太川陽介蛭子能収から番組を受け継ぎ、順調に回を重ねている新コンビ。ところが、「バス旅」ファンの間ではコンビ解消も間近ではないかとささやかれているのだ。

「テレ東で、『バス旅』に似ている番組が次々と放送されているというのがその理由です。たとえば、9月8日には太川と蛭子の『ローカル鉄道寄り道の旅』が、9月15日には『中山秀征の秘境路線バス 乗客全員ふれあい旅』が放送されました。『バス旅』がいつ終わってもいいように、代わりの看板番組を作ろうという意図が強く感じられますね」(テレビ誌ライター)

「ローカル鉄道−」は太川と蛭子が乗り物をバスから鉄道に変えた画。マドンナはバス旅でもマドンナを務めたことがある高橋ひとみ。太川と蛭子の軽快なやりとりはバス旅を思い出させた。

また「秘境路線バス旅」は、中山秀征とサッカー元日本代表の武田修宏がバスの乗客からおすすめの情報を聞き出して旅を続けるという企画だ。

「バス旅メンバーの企画と、バス旅に非常に近い企画の番組が2週続けて放送されたわけで、これは観測気球を打ち上げたと考えていいでしょう。さらに、『秘境路線バス』ではある偶然も発生し、ファンを歓喜させています」(前出・テレビ誌ライター)

 その偶然は、武田たちが食事のためお店に入る時に起きた。

「武田がリュックを背負っていたのですが、左肩の肩紐がねじれていたんです。バス旅の第15弾で蛭子さんとマドンナのさとう珠緒がそろってリュック左肩のベルトをねじれさせていたことがありました。ファンの間では有名なエピソードです。偶然にもそれと同じことが起こったため、武田が蛭子の後継者候補として“バスの神様”から認められたのではないかというんです」(前出・テレビ誌ライター)

 中山と武田のフレッシュコンビは今回、何とか合格点を獲得した。田中と羽田に代わり、新コンビとして「バス旅」を受け継ぐ可能性も出てきた。田中と羽田の9月29日放送「バス旅」の評判と視聴率しだいでは、3代目のバス旅コンビが誕生するかもしれない。

アサ芸プラス

「バス」をもっと詳しく

「バス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ