武田真治と高橋由美子、W主演で「あの恋愛ドラマの続編」制作プランが急浮上!

9月20日(金)9時59分 アサ芸プラス

 これまで4回にわたってドラマ化されてきた「南くんの恋人」に、続編を制作するとの話が持ち上がっているという。同作は高校3年生の南くんと、身長15センチになってしまったちよみとの恋物語。続編が計画されているのは94年にテレビ朝日系で放送された連続ドラマ版で、主役の南くんを武田真治が、ちよみを高橋由美子が演じているものだという。

「21歳だった武田はまだミュージシャンデビューしておらず、ジュノンボーイ出身の“フェミ男”として人気を博していました。すでにドラマや映画には数多く出演していたものの、連ドラ主演は『南くんの恋人』が初めてで、彼にとっては思い出の作品となっているはずです。一方で二十歳の高橋は“20世紀最後の正統派アイドル”をキャッチフレーズに、正統派アイドルとして歌と演技で活躍。『南くんの恋人』は女優としての出世作となり、主題歌『友達でいいから』は自身初のトップテンヒットとなりました」(テレビ誌ライター)

 このように主役の二人にとって「南くんの恋人」は重要な作品となっており、その続編には期待が高まりそうなもの。ただそこから25年の歳月がたち、二人の立ち位置も当時とはまったく違ったものとなっているのだが…。

「中性的な魅力で売っていた武田は現在、まさかの筋肉キャラに転進。95年以降は『めちゃイケ』(フジテレビ系)などバラエティ番組にも進出し、そのユニークなキャラが世間に浸透しています。そして超清純派だった高橋は18年に不貞スキャンダルが発覚。また酒豪キャラも定着し、18年元日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では生放送中に酔っぱらって共演者に絡む場面も。このようにもはや甘酸っぱい恋愛物とは無縁の二人ですが、制作陣の狙いはラブストーリーの続きを描くことではなく、コメディとして現代に即した新たな物語を紡ぐことにあるようです」(前出・テレビ誌ライター)

 ここまでの大幅な改変となれば原作者への了解も必要だが、原作マンガを描いた内田春菊氏ならむしろおもしろがってくれるのかもしれない。

(浦山信一)

アサ芸プラス

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ