阿川佐和子が高畑淳子にガンガン聞いた!——裕太への心情を初告白

9月20日(水)16時0分 文春オンライン

 俳優・高畑裕太(24)が強姦致傷容疑で逮捕され、不起訴処分となってから1年。母であり女優の高畑淳子(62)は、逮捕直後の会見以降、息子や事件について沈黙を守ってきたが、このたび週刊文春の「阿川佐和子のこの人に会いたい」に登場し、家族への率直な心情を初めて語った。


阿川「お姉ちゃん(裕太の姉で女優の高畑こと美)とは裕太さんのことを何か話し合ったりなさったんですか?」


高畑「そうですね。やっぱりお姉ちゃんがいたから……。私一人だったら、ダメだっただろうなあと思います。自分自身を支えきれなかったでしょうね」


阿川「(事件の報を聞いて)お母ちゃんはパニクりました?」


高畑「私はパニクりました(笑)。お姉ちゃんも最初はわんわん泣きながら電話をかけてきたんですけどね。その後は一番冷静になって、いまは私がよく怒られます。『とにかくお母さんはこの件について喋らないこと、お母さんが喋ることは弟のためにならない』って」


阿川「すいません、今、ガンガン聞いてますけど」


高畑「いえ、お上手だから(笑)」


 ほかにも、仕事に対する思い、報道陣とのトラブルの顛末など、赤裸々な心情を吐露した対談の全文は、9月21日(木)発売の週刊文春9月28日号に掲載される。


©文藝春秋

(「週刊文春」編集部)

文春オンライン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

阿川佐和子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ