30歳になったPerfumeのっち。「中3から」15年貫くショートヘアの理由

9月20日(木)17時0分 文春オンライン

 テクノポップユニットのPerfumeののっち(大本彩乃)が、きょう9月20日、30歳の誕生日を迎えた。同じくメンバーのかしゆか(樫野有香)は今年12月23日、あ〜ちゃん(西脇綾香)も来年2月15日にそれぞれ30歳となる。



かしゆか(左)は12月に、あ〜ちゃんは来年2月に30歳を迎える ©getty


のっちはもともと別のユニットだった


 Perfumeは2000年、アクターズスクール広島の1期生により結成された(当初の表記は「ぱふゅ〜む」)。翌年、あ〜ちゃんとかしゆかと一緒にグループを結成したメンバーが脱退したあと、別のユニットにいたのっちが加入する。Perfumeはスクールのなかでもアイドル的存在だっただけに、あ〜ちゃんから誘われたときは「うん入る!」と即答したという。あ〜ちゃんに言わせると、何人か候補がいたなかからのっちを選んだのは《Perfumeとして最大の選択》だった(※1)。


 こうして3人がそろうと、02年に広島限定でCDを2作リリース、03年にはサウンドプロデューサーに中田ヤスタカを迎え、「スウィートドーナッツ」でインディーズデビュー、テクノポップ路線に転換する。そして05年、「リニアモーターガール」でメジャーデビューを果たした。多くのアイドルグループがメンバーの卒業と加入を繰り返しながら継続するなか、デビュー以来、メンバーの変更がないまま、まもなく全員が30歳を迎えようとしているPerfumeの存在は貴重だ。



中3から守り続けてきたショートヘアの理由


 先日、NHK総合の音楽番組『SONGS』に出演した3人は、“番組責任者”の大泉洋から、3人のなかでキャラクターは決まっているのかと訊かれ、髪型の違い——のっちはショート、あ〜ちゃんはパーマ、かしゆかはストレート——をあげていた。デビューからほぼずっと変えていない髪型は、単に見た目を区別するだけでなく、それぞれの個性を際立たせてきたともいえる。それはとくにのっちに顕著だ。


 もともと3人のキャラクターを、「夢みる少女のかしゆか、元気っ子のあ〜ちゃん、ボーイッシュでサバサバ系ののっち」と見立ててくれたのは、広島時代から現在にいたるまでPerfumeを指導する振付師のMIKIKOだった。このキャラづけを気に入ったのっちは、中学3年で上京するにあたり、ロングヘアをばっさりショートにしたという。以後、20代前半ごろまで「私って何だろう?」とずっと迷っていたときも、ショートヘアだけは守り続けてきた。その理由について本人は、《自分がまだ確立していない分、せめてイメージだけは壊したくなかったのかもしれません》と後年振り返っている(※1)。



「ポリリズム」まで続いた“下積み時代”


 Perfumeは07年に「ポリリズム」がCMに採用され、大ヒットしたのを機にブレイクをはたす。12年に初のアジアツアー、14年には初のアメリカ公演を含むワールドツアーを開催し、各地で観客をおおいに沸かせた。これと前後してNHKの紅白歌合戦には2008年から10年連続で出場し、毎年、新たなテクノロジーを用いたパフォーマンスが注目されている。


 筆者は、Perfumeをインディーズ時代から観ていて、楽曲も好きだったが、正直、ここまで世間に受け入れられるとは予想もしなかった。それは活動の中心が秋葉原だったこともあり、サブカル色というかオタク色がちょっと濃い気がしたからかもしれない。メジャーデビュー時に都内で行なわれたインストアイベントも、観客の数からしてささやかなものだったと記憶する。いわば下積み時代だが、その後、どれだけ最先端の技術を採り入れようとも、彼女たちが人間的な温もりを保ち続けているのは、このころの体験で培われた部分が大きいように思う。次ののっちの発言も、下積みの長かった者ならではといえる。


《私たち3人の力ってそれほどでもなくって、周りが本当にプロフェッショナルな人たちで、思いもつかないようなことを提案してくれる。そのおかげで自分たちがPerfumeを飽きずにいられるし、私たちも自分に期待できるような環境をつくってもらってるんです》(※2)



「女の門出」30歳になったのっちは何を語るのか


 先月には7thアルバム『Future Pop』をリリース。明日9月21日からは、長野ビッグハットを皮切りに全国9都市をまわるアリーナツアーがスタートする。2ヵ月ほど前に収録された雑誌のインタビューでのっちは、30歳を迎えることを「女の門出」と呼び、誕生日の翌日がツアー初日だと気づいてからというもの、《そこのどのタイミングで、何を喋ったらみんな喜んでくれるかなって、考えたらワクワクしちゃって(笑)》と語った(※3)。


 ほかの2人によれば、自分たちが石橋を叩いているあいだ、行っちゃえと歩き出すのがのっちだという(※1)。年齢でも2人に先んじて30歳になった彼女は、ファンを前にどんな言葉を発するのだろうか。


※1 『anan』2017年2月15日号

※2 『AERA』2018年9月3日号

※3 『音楽と人』2018年9月号



(近藤 正高)

文春オンライン

「Perfume」をもっと詳しく

「Perfume」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ