1997年に木村拓哉が主演を務めた「ギフト」Blu-ray&DVDリリース決定

9月20日(木)0時0分 映画ランドNEWS

ギフト

1997年に木村拓哉が主演を務めたクライム・ロマンドラマ「ギフト」のBlu-ray&DVDが2019年1月9日(水)にリリースされる。


ギフト
「ギフト」 (C)1997フジテレビ

最高視聴率23.0%(関東地区・ビデオリサーチ社調べ)のヒットを記録した本作。主演の木村拓哉をはじめ、室井滋篠原涼子忌野清志郎今井雅之、小林聡美、倍賞美津子らが出演。最終話の緒形拳など、各話に登場する豪華ゲストにも注目が集まった。


「ギフト」ストーリー




主人公、早坂由紀夫(木村拓哉)は、クロゼットから生まれた。彼にあるのは、「生まれた」日から3年間の記憶だけ。──3年前、腰越奈緒美(室井滋)が、51億円という横領金と共に失踪した愛人・岸和田裕二郎(緒形拳)のマンションのクロゼットから発見したのは、血まみれの男だった。奈緒美は男を「早坂由紀夫」と名づけ、大金の行方の鍵となる過去が明らかになるまで、自分の保護下に置くことにした。奈緒美が経営する怪しげな人材派遣会社で 彼女が与えた由紀夫の仕事は、「届け屋」。武器、ラブレター、遺言、裏帳簿、ペット、脅迫状、花束、年金、人間──さまざまな品物を彼は届ける。必ず受取人本人の手元まで。


由紀夫の、怪しげな人間に囲まれた奇妙な生活──奈緒美とは犬猿の仲、でたらめな女占い師・ジュリエット星川(小林聡美)。奈緒美に雇われ、由紀夫につきまとう 秋山千秋(篠原涼子)。犯罪マニア・田村アキラ(忌野清志郎)。そしてタフでクールな女刑事朔原令子(倍賞美津子)。「届ける」 という仕事に、由紀夫はなぜか異常なまでの執着とパワーを見せる。そして、失われた過去の記憶と引き換えであるかのように、彼は足が速く、動物的嗅覚や記憶力に優れていた。そのような「届け屋」早坂由紀夫 の「才能=ギフト」ゆえに、差出人たちは高い報酬を支払うのだ。受取人がいないときは、探す。 逃げる時は、追いかける。当然、彼は差出人や受取人の人生に、深く関わることになる。そして、時として、「奇跡のような、崇高な贈り物=ギフト」の担い手になるのだった。


ドラマ「ギフト」Blu-ray&DVDは2019年1月9日(水)リリース


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「木村拓哉」をもっと詳しく

「木村拓哉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ