ビル・クリントン米元大統領の弾劾裁判がドラマ化 スキャンダルの舞台裏を明らかに

9月20日(水)13時0分 クランクイン!

ビル・クリントン米元大統領の弾劾裁判がドラマ化(C) AFLO

写真を拡大

 米ヒストリー・チャンネルが、力を入れているオリジナルドラマシリーズとして、第42代アメリカ合衆国大統領を務めたビル・クリントンの弾劾裁判を中心に描くミニシリーズ『The Breach:Inside The Impeachment of Bill Clinton(原題)』を制作するという。 Deadlineによると、同シリーズは6話構成となり、ノンフィクション作家ピーター・ベイカーのベストセラー『The Breach:Inside The Impeachment of Bill Clinton(原題)』をベースにするという。クリントン大統領が在職中の1998年、インターンのモニカ・ルインスキーとの不倫疑惑が浮上。「不適切な関係」だったと認めたことから、下院で弾劾裁判が行われるに至った。最終的に罷免は免れたが、クリントンは大統領としての品格を落とすことになった。

 ドラマでは舞台裏で起きていた不協和音や駆け引きなども含めて、スキャンダル報道から弾劾裁判までを映像化する予定。現在、キャスティングが行われているとのことだ。

 映画『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』(14)の監督R・J・カトラーが企画・製作総指揮を務める。カトラーは1993年にクリントン元大統領のドキュメンタリー『クリントンを大統領にした男』を手がけている。カトラーがメガホンを取り、デヴィッド・K・イスラエルと共に脚本を共同執筆する。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ビル・クリントンをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ