『サイレント・ヴォイス』栗山千明の相棒役に白洲迅&上司役に宇梶剛士

9月20日(木)16時45分 クランクイン!

土曜ドラマ9『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』より(C)「サイレント・ヴォイス」製作委員会2018

写真を拡大

 女優の栗山千明が主演を務める10月期の土曜ドラマ9『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』(BSテレ東/毎週土曜21時)に、栗山扮する主人公の相棒役で白洲迅が、上司役で宇梶剛士が出演することが明らかになった。白洲は「今回コメディー的役回りも多く、いろんな表情が要求されるので、顔の筋肉を総動員して、全力でやっています(笑)」と明かしている。 本作は2010年に『このミステリーがすごい!大賞』の優秀賞を受賞して作家デビューを飾った新鋭ミステリー作家・佐藤青南の「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズ(宝島社)の『サイレント・ヴォイス』を映像化。人が嘘をつく瞬間に0.2秒間だけ現れる、その人固有の“マイクロジェスチャー”を読み取り、「被疑者の嘘を見破る」女性刑事・楯岡絵麻(栗山)の活躍を描く。

 絵麻の相棒・西野圭介役を務める白洲は、栗山について「凛としたイメージを持っていたのですが、実際お会いして話してみると、とても気さくで、壁を感じさせない素敵な方だなと感じました」とコメント。また「絵麻さんと良い凸凹コンビになれたらと思います。とは言え、西野も捜査一課に配属されるくらいの刑事ではあるので、締めるところは締めて、やっていきたいと思います」と抱負を語っている。

 一方、絵麻の上司・筒井道大に扮する宇梶は「主演の栗山さんとは今年6月『銀河鉄道999(BSスカパー)』で初めて共演して、今回またご一緒できるという事で、心躍る思いです」と栗山との共演を楽しみにしている様子。「台本を読んだ時、このドラマ、本当に面白いと思いました(笑)。皆さんにも、被疑者の嘘を見破れるかどうか、ぜひ楽しんでもらいたいですね」とも話している。

 なお、絵麻に容赦なく追い詰められる第1話のゲストは佐伯大地に決定。津田寛治や堀内敬子なども被疑者として続々と登場するという。

 土曜ドラマ9『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』は、BSテレ東にて10月6日より毎週土曜21時放送。

クランクイン!

「栗山千明」をもっと詳しく

「栗山千明」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ