桐谷美玲、『ファンタビ』最新作の公式アンバサダー就任に喜び

9月20日(木)18時57分 クランクイン!

桐谷美玲、「ハリー・ポッター魔法ワールド」公式アンバサダーに就任(C)2018 Warner Bros.Ent.All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.

写真を拡大

 俳優のエディ・レッドメイン主演の映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の公式アンバサダーに女優の桐谷美玲が就任。ハリー・ポッター魔法ワールドを応援することになる桐谷は「大好きな作品のアンバサダーになれて凄く嬉しいです」と語っている。 本作は『ハリー・ポッター』の新シリーズとして、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が全世界約900億円の興行収入を叩き出したハリー・ポッター魔法ワールドの最新作。ロンドンとパリを舞台に、魔法動物学者のニュート(エディ・レッドメイン)が、恩師のダンブルドア先生(ジュード・ロウ)と共に、強大な敵の魔法使い・グリンデルバルド(ジョニー・デップ)に立ち向かっていく。

 桐谷は小学生時代に『ハリー・ポッター』の小説に触れて以来、小説は全巻読破し、映画はすべて映画館で鑑賞、さらにUSJのハリポタエリアもプライベートで訪れるなど、筋金入りの『ハリポタ』&『ファンタビ』ファン。公式アンバサダー就任について「お話を聞いたときに本当にいいんですか?! という気持ちでいっぱいでした」とコメント。

 またシリーズの魅力について「こんな魔法が本当に使えたら楽しいんだろうなと思えるような素敵な魔法が沢山あって、ハリー・ポッターの世界でもフンタビの世界でもそういうものが沢山増えているところと、仲間との絆がすごく丁寧に描かれていてこういう仲間最強だなって思えます」と語っている。

 桐谷の公式アンバサダー就任に併せて、特別予告編も解禁。公開された映像は、『ハリー・ポッター』シリーズや、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の名場面でスタート。さらにジュード演じるダンブルドアや、黒い魔法使いグリンデンバルドに扮するジョニーの姿も確認できる。さらに予告編の終わりには、公式アンバサダーの桐谷のコメントも収められている。

 映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、11月23日より全国公開。

クランクイン!

「アンバサダー」をもっと詳しく

「アンバサダー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ