<欅坂46東京ドーム>「平手に始まり、平手に終わる」平手友梨奈、5万人をくぎ付けに

9月20日(金)0時0分 クランクイン!

 欅坂46が19日、2日間にわたった東京ドーム公演の最終日で「夏の全国アリーナツアー2019」を締めくくった。5万人の観客を前にアンコールを含む全21曲を披露。本公演はまさに「平手に始まり、平手に終わる」内容で、特にアンコールからの2曲のドーム全体の興奮はすさまじかった。本記事では、平手友梨奈のハイライトシーンをレポートする。■オープニング、平手が一人でステージ上に登場

 オープニングでは幻想的な森のような舞台に、白い制服姿の平手が一人で登場。はかなげな表情でゆっくりと中央まで歩き出し、舞台上に一段高く設置されたステージへと歩き出す。そのステージ中央には一台のグランドピアノ。平手は近づくと、鍵盤を一音だけ鳴らす。それを合図にライブがスタート。会場からは歓声が上がった。

■ピアノの鍵盤を足で

 幕開けから「ガラスを割れ!」「語るなら未来を…」「Student Dance」の3曲を披露すると、再びステージ上には平手一人に。ピアノの上で踊り、周りを舞うようなダンスを見せると、最後にはピアノの上に乗り、足で鍵盤をたたく。そのまま「エキセントリック」へ移るという演出にも会場からは感嘆の声が上がった。

■平手センター

 この日、平手はユニット曲「青空が違う」「バレエと少年」などを除くほぼすべての曲でセンターを務めた。「二人セゾン」の間奏では花道前方に備えられたステージで一人、力強いソロのダンスを見せるなど、常にパフォーマンスの最前に立ち続けた。

■「不協和音」で観客の興奮が爆発

 ダンサブルなナンバー「アンビバレント」、欅坂46の代表曲ともいえる「サイレントマジョリティー」、ライブで盛り上がること必至の「危なっかしい計画」など本編で19曲を披露し、観客を魅了し続けた本公演だったが、最大のハイライトは間違いなくアンコールだった。

 本編ラストの楽曲「太陽は見上げる人を選ばない」が終わると、会場からは「欅コール」が起こる。メンバーが再び登場するのを待つ中、突然の大音量とともにメンバーが板付きで登場。そのイントロは「不協和音」だった。

 イントロと同時に火花が上がると、会場からはまさに割れんばかりの大歓声が起こった。「不協和音」は2017年にリリースされて以降、近年ではほぼ披露されていなかった楽曲だ。メンバーの全力のパフォーマンス、そして平手の「僕は嫌だ!」が発せられると、会場全体のボルテージは最高潮に。刺すようなまなざしで、平手2度目の、ためるような「僕は嫌だ!」が飛び出すと、同時に爆音とともに火花が上がった。曲のラストに向けてさらに大きな歓声が起こった。

 「不協和音」が見せた興奮はすさまじく、曲が終わった後には拍手が起こった。ダブルアンコールへの声はやまない。

■ラストは平手のソロ曲「角を曲がる」

 ダブルアンコールへの声に応えるように、平手はオープニングのように、再び一人で姿を表す。グレーの制服に身を包んだ平手は、自身のソロ曲「角を曲がる」を歌い出す。力強く、しっとりとした踊りとともに5万人の前で、一人見せきった平手。最後には少しほほ笑んでいるように見えた。「ありがとうございました」とささやくような声で平手が観客へ感謝の言葉を述べ、深くおじぎをすると、ライブは幕を閉じた。

※詳細のライブレポートは、別記事にてお届けします。

19日に行われた「夏の全国アリーナツアー2019 追加公演in東京ドーム」セットリストは以下の通り

M1「ガラスを割れ!」
M2「語るなら未来を…」
M3「Student Dance」
M4「エキセントリック」
M5「世界には愛しかない」
M6「青空が違う」
M7「バレエと少年」
M8「制服と太陽」
M9「二人セゾン」
M10「キミガイナイ」
M11「もう森へ帰ろうか?」
M12「僕たちの戦争」
M13「結局、じゃあねしか言えない」
M14「サイレントマジョリティー」
M15「避雷針」
M16「アンビバレント」
M17「風に吹かれても」
M18「危なっかしい計画」
M19「太陽は見上げる人を選ばない」

アンコール
EN1 「不協和音」
EN2「角を曲がる」

クランクイン!

「欅坂46」をもっと詳しく

「欅坂46」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ