今井華、『テラハ』出演決定で号泣した過去「そのぐらい嫌だった」

9月20日(金)10時23分 マイナビニュース

モデルの今井華が、19日に放送されたテレビ東京系バラエティ番組『じっくり聞いタロウ』(毎週木曜24:12〜25:00)にゲスト出演し、フジテレビ系リアリティ番組『テラスハウス』の秘話を明かした。

2013年に『テラスハウス』に出演し、一躍時の人となった今井。現在は、ファッションブランドのプロデューサーをメインに活動しているという。

今井は、「『テラスハウス』が一番のターニングポイントでした」「オーディションで3次面接か、4次面接までいったのかな。元々田舎者なので、渋谷に出て来てすぐ仲間ができたところでオーディションがありました」と語り、「もちろん、受かりたくないわけなんですよ」と当時の心境を打ち明けた。

『egg』モデルとしての活躍を機に地元・秩父から、憧れの渋谷に移住。オーディションに受かるとクラブ通いの生活ができなくなることから、面接では印象が悪くなるように「やる気ない感じ」の態度をとっていたという。

ところが、そんなキャラクターが受けてしまったのかレギュラー出演が決定。「合格の電話をマネージャーからいただいた時、『egg』の撮影をしていたんですけど、撮影が2〜3時間止まるほど泣いちゃって」と“悲劇”の瞬間を振り返り、「たぶん私はそのぐらい嫌だったんです」と告白した。

「入った当初はすごく嫌で、泣きながら行くような」と語る今井。「共同生活を初めてするというのもあるし、『テラスハウス』の中でしか味わえない環境があるので。大人の社会というものを初めてそこで味わいました」と次第に成長の場所として受け入れるようになったという。

マイナビニュース

「今井華」をもっと詳しく

「今井華」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ