欅坂46、初の東京ドーム公演でファンに感謝「また全員で帰ってきたい」

9月20日(金)0時0分 マイナビニュース

アイドルグループ・欅坂46が18日・19日、グループ初となる東京ドーム公演を開催。「夏の全国アリーナツアー2019」全公演完売を受けて追加公演として行われたもので、2日間合計で10万人の観客を力強いパフォーマンスで魅了した。

「ガラスを割れ!」で幕を開けた最終日19日。最初のMCで、キャプテンの菅井友香は「まさか全国ツアーの千秋楽で東京ドームに立たせていただけるとは本当にびっくりです。みなさんの姿を見させていただくと、欅坂46のライブをこれだけ見たいと思ってくださっている方がいらっしゃるんだなって実感して、感謝の気持ちでいっぱいです」とファンに感謝し、「いつも以上に緊張してしまって、昨日の初日はいつもしないようなことをしてしまって、ただリップ塗りたいだけだったのに、有り余る力であけちゃって壊れちゃったり…」と微笑ましいエピソードを披露した。

佐藤詩織は「昨日待ちに待った東京ドームに立って、1期生21人で始まったときはこんなに大きな場所でライブができると思っていなかったのですごい感慨深くて、2期生も入ってくれて欅坂46がどんどん大きくなっていて、大きなライブをするにあたって、足を運んでくださったたくさんの方がいるおかげで会場がきれいな色に染まって、スタッフさんのおかげでこういう場所でライブができて、すごい恵まれているなって改めて感じました」と涙ぐみながらコメント。

守屋茜も「友香とはいつかドームに立てたらいいねってずっと話していたので、こうして東京ドームに立たせていただいて感無量ですし、最初の『ガラスを割れ!』のときに見たことのない広いステージで踊っているのが…今東京ドームに立っているんだという実感が湧いてきて本当にありがたいです」と喜びをかみしめた。

ライブ本編は、「世界には愛しかない」、「二人セゾン」、「サイレントマジョリティー」、「アンビバレント」、「風に吹かれても」などのシングル表題曲を含む19曲。センターステージに設置された噴水の中でパフォーマンスする夏らしい演出もあり、「青空が違う」では、守屋と渡邉理佐、菅井と渡辺梨加が気球に乗って上空でパフォーマンスした。また、MCでは2期生のメンバーがグループへの熱い思いをそれぞれ打ち明けた。

最後のあいさつでは、菅井が「今日は本当にありがとうございました。みなさま一人ひとりのおかげでここに立てていると思います。みんなと出会えて、欅坂で本当に良かったです。ここでゴールではなく、また全員でここに帰ってきたいと思います。これからも私たちに期待していてください」とメッセージ。

その後、アンコールで「不協和音」を披露し、力強い歌声とダンスで観客を魅了。さらに、ダブルアンコールで、 平手友梨奈がソロ曲「角を曲がる」をセンターステージで披露し、会場を沸かせた。

撮影:上山陽介

マイナビニュース

「東京ドーム」をもっと詳しく

「東京ドーム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ