櫻井翔が語る“嵐のあるある”とは?5人で北海道へ

9月20日(水)0時0分 モデルプレス

櫻井翔が語る“嵐のあるある”とは?5人で北海道へ(C)モデルプレス

写真を拡大

【嵐/モデルプレス=9月20日】嵐の5人が出演する航空会社の新CM「旅の写真」篇が23日よりオンエアとなる。

今回のCMでも、旅を通して新しい日本を発見した嵐の5人。旅の思い出を遠近法で写真を撮る、5人の楽しそうな表情が印象的なCMとなっている。

◆CMストーリー

舞台は北海道。広大な大地と、どこまでも続く水平線に「すげ〜」と驚く相葉雅紀。ファインダー越しの景色に感動し、「絵になるねぇ」とつぶやくのは大野智。それぞれが北海道の大地に満足している様子だ。

そして、ふと二宮和也が「あれ、やってみようよ!」と提案したのは、旅の写真を遠近法で撮ることだった。早速5人は遠近法で写真を撮ることに。櫻井翔が帽子を持ち上げると、中から飛び出す他のメンバー。松本潤と相葉が広げた手の平の間をジャンプしながら飛び移る大野、二宮、櫻井。遠近法で二宮の腕に乗っているように見せた4人が、二宮の吸ったり吐いたりする呼吸にシンクロして動くなど、北海道の景色を背景に様々な遠近法を披露している。

出来上がった写真を見て大笑いする5人。旅を満喫する嵐5人と、思わず試してみたくなる遠近法が注目のCMに仕上がった。

◆撮影時のエピソード

撮影は広大な海と大地が広がる北海道で実施。そんな景色を眺めながらCMのセリフと同じ「すげ〜」の言葉が自然と出た嵐の5人。しばらく絶景に心を奪われているようだった。

そんな中、撮影がスタート。撮影前に降っていた雨は上がり、太陽が顔を出す天気に。安心するスタッフに「5人そろうと雨が降ることも結構あるんですよ」「嵐のあるあるなんです」と申し訳なさそうにする櫻井。

今回のCMでは、旅行に来た嵐の5人が、旅の思い出を遠近法で撮影するストーリー。全員が、おどけた表情やコミカルな動きを取り入れて、楽しそうに演じていた。松本と相葉が広げた手のひらを、他のメンバーがジャンプして行ったり来たりするシーンでは、二宮から「(後ろに)倒れそうになる演技もおもしろいかも」と監督へアイデアを出す場面も。監督も「それ、おもしろい」と賛成した。

遠近法による写真は、櫻井以外は未経験だったそうで、「海外旅行の時に、建物をつかんで見えるように写真を撮ったよ」のコメントにうらやましそうにし、今回のCMの遠近法も「出来上がりが楽しみだな」とうれしそうに話していた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

北海道をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ