NGT48荻野由佳の“神対応”にスタジオ驚愕「もっと極めたい」

9月20日(木)12時56分 モデルプレス

荻野由佳 (C)モデルプレス

写真を拡大

荻野由佳/モデルプレス=9月20日】NGT48の荻野由佳が、19日深夜放送のテレビ朝日系バラエティ番組「イッテンモノ」(毎週水曜24時15分〜)に出演。ファンへの神対応ぶりに驚きの声が上がった。

◆荻野由佳、ファン500人に直筆メッセージ

AKB48のオーディションで3度落選し、「バイトAKB」からNGT48レギュラーメンバーの座を掴んだ荻野。

6月に開催された「第10回AKB48世界選抜総選挙」では見事4位となったが、いずれの目標はもちろん1位。握手会などでは「神対応」とよく言われているそうで、1位となるために「もっと極めたい」と力説した。

普段どんなことをしているのかを聞かれた荻野は「手作りでうちわを作って渡したりとか」と、ファンに手作りグッズを渡していることを告白。

さらに「1人1人にお手紙を書いてお渡したり」と500人のファンに手書きメッセージを書いたことを明かすと、スタジオからは「えーー!!」と驚きの声が殺到した。千鳥のノブは「経費落ちないでしょ?」と尋ね、荻野は「自分のお小遣いで頑張ってます」と努力も打ち明けた。

◆「スライド式握手」の神対応

さらに「握手会のブースに一番力を入れてる」と話し、殺風景なブースを自己流に飾り付けたり、「スライド式握手」を心がけているという荻野。

正面で普通に握手をするだけでは時間がもったいないといい、椅子から立って、握手をしながら自身もブースの端から端まで移動することで、ファンとの接触時間を長くしているという。

これにはスタジオメンバーも「すごい」と関心。その後実際にテーブルを設けて荻野の握手会を再現し、どんなファンにも明るく丁寧に接する様子に、サンドウィッチマンの伊達みきおも「優しいわ」と思わず声を漏らしていた。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「NGT48」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「NGT48」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ