福山雅治、日テレ朝ドラ「生田家の朝」続編に「攻めたな」 脚本・バカリズムとサプライズ訪問

9月20日(金)6時50分 モデルプレス

(左から)ユースケ・サンタマリア、尾野真千子、関谷瑠紀、鳥越壮真、福山雅治、バカリズム(C)日本テレビ

写真を拡大

【モデルプレス=2019/09/20】歌手で俳優の福山雅治が、日本テレビ系朝の情報番組「ZIP!」(毎週月〜金曜/あさ5時50分〜8時00分)内にて10月1日より放送される朝ドラ「生田家の朝」の収録スタジオに、お笑い芸人のバカリズムとともにサプライズ訪問した。

◆福山雅治、“生田家”をサプライズ訪問

同作は、福山が企画・プロデュース・主題歌を担当し、バカリズムが脚本を手掛け、2018年12月に放送された同名作品の第2弾。毎朝、7時50分ごろから約7分間、どの家族にでも起こりうるような朝の風景を描いたドラマである。キャストは前回と変わらず、生田浩介役にユースケ・サンタマリア、生田早苗役に尾野真千子、中2の娘・美菜と小2の息子・悟役に、関谷瑠紀と鳥越壮真が出演する。

前回の収録時もスタジオを訪れた福山に対し、バカリズムがスタジオを訪問するのは今回が初めてのこと。福山が「バカリさん、ご自身が書かれた脚本の撮影現場に行くことってあるんですか?」と問うと、バカリズムは「行かないですよね、恥ずかしくて。なんか出しゃばってる感じがして」とはにかむ。

すると、すかさず「来てね」と笑顔で語りかける尾野と、「来てくれたら嬉しいよ。テンション上がるし、疲れもとれる」と口を挟むユースケ。そんな2人に対しバカリズムが「でもセリフが多いとか文句言われるんでしょ?」と切り返すと、2人は「それは、必ず言う」と間髪入れず回答し、笑いを誘った。

◆福山雅治「『生田家の朝』はずっと続いていく物語になればいいな」

福山は、「最初から『生田家の朝』はずっと続いていく物語になればいいな、って言ってたんですよ」と作品への強い願望を吐露。今回の続編決定の報を聞き、視聴者にその気持ちが届いたことを実感した上で、「今回新たに何か面白いことに挑戦したい」と制作スタッフとも話していたという。

そんな福山の思いを知ってか知らずか、バカリズム曰く「リアルな日常生活を描いていると、突然ビックリさせたくなることがあるんですよね」とし、「今回は、前回にはなかった“仕掛け”をいくつか用意しています!」と明かす。

「視聴者が気づくかな?というものもあれば、本当にビックリするものもあります。どれも他のドラマでは絶対出来ない、『生田家の朝』ならではの仕掛けです」と胸を張った。

脚本を読んだ福山も、「『攻めたな』という言葉が一番ピッタリくる感じだった」といい、演じる側のユースケも「確かに今回は前回とちょっと違います」、尾野や子供たちも「はやくOAで見てみたい」とアピールした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「福山雅治」をもっと詳しく

「福山雅治」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ