黒木華主演ドラマ「凪のお暇」最終話あらすじ

9月20日(金)10時0分 モデルプレス

中村倫也、黒木華/「凪のお暇」最終話より(C)TBS

写真を拡大

【モデルプレス=2019/09/20】女優・黒木華が主演を務めるTBS系の金曜ドラマ『凪のお暇』(読み:なぎのおいとま/毎週金曜よる10時〜)の最終話が20日、放送される。

◆黒木華主演「凪のお暇」

同作は、空気を読みすぎて他人の目を必要以上に気にする28歳OLの主人公・大島凪が、あるきっかけから勤めていた会社も、付き合っていた彼氏も、住んでいた部屋も、SNSもありとあらゆるものを捨て、人生をイチからやり直す“人生リセットストーリー”。

主人公の真面目で優しく気が弱い性格の凪を黒木、営業部のエースで凪の元カレ・我聞慎二を高橋一生、お暇した凪のアパートに住む謎の隣人・安良城ゴンを中村倫也が演じる。

◆第9話あらすじ

凪(黒木華)と慎二(高橋一生)は、両家顔合わせで今まで言えなかった家族への不満をぶつけ、互いに距離が縮まったと感じていた。

そんな2人の前にゴン(中村倫也)が現れ、凪に決死の告白。凪をめぐる慎二とゴンの三角関係にいよいよ終止符が打たれる。

果たして、凪が選んだ選択とは!?

そして、お暇生活の結末とは…?

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「黒木華」をもっと詳しく

「黒木華」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ