TBS宇垣美里アナが社内バッシングに「半ばヤケクソ」フリー転身か

9月20日(木)17時30分 まいじつ


(C)VladislavNice / Shutterstock



TBS宇垣美里アナの末期的な落ちぶれぶりが、ファンの間で心配されている。今や出番は減る一方で、OBの田中みな実を頼り、フリー転身を画策中だともいわれている。


【関連】TBS宇垣美里アナ『自撮り動画』投稿といっしょに「闇発言」 ほか


「宇垣アナは、とにかく自信過剰の自意識過剰。自分は美人でエースアナだと思っているが、残念ながら周りはそう思っていない。だからどんどん孤立し、アナウンス室で浮きまくっているのです」(女子アナライター)


宇垣アナは、3月まで情報番組『あさチャン』に出演。遅刻や男性関係など素行不良が問題になり、プロデューサーより降板通告。怒った彼女は「なんでよ!」と暴言を吐き、コーヒーカップを壁に投げつける“コーヒーぶちまけ事件”まで起こしたと週刊誌に書かれた。


「降板させられておとなしくなるかと思いきや、7月には少年漫画誌の表紙、グラビアに登場。あまりにゴネるので、局も仕方なく許可したといいます。もう窓際アナのレッテルは剥がされることはないでしょう」(同・ライター)


現在、出番は『炎の体育会TV』のみ。他は情報番組『サンデージャポン(サンジャポ)』に駆け出しのアナウンサーがするようなリポーターで出る程度。


「相当ウップンがたまっているのでしょう。9月9日、サンジャポにリポーターで出演。ユニバーサルスタジオのハロウィーン・イベントを潜入取材し、話がゾンビのことに及ぶと『ゾンビより生身の人間の方が怖い』と闇コメント。ある上司を指した批判だと物議になったのです」(TBS関係者)


その上司とされる人間の名もほぼ特定されているが、「本人は肯定も否定もしていませんが、どうも自分の立場の悪さは能力評価ではないと思っているようです。その上、もはや上がり目もないと、半ばヤケになっているみたいです」(同・関係者)



「謙虚にならなきゃ」田中みな実に諭される


そうした中、宇垣アナが考えているのはフリー転身。OBの田中を頼るつもりなのだという。


「みな実はTBS時代、憎まれっ子で評判でした。でも『ライバルはカトパン』と口に出すなど、笑える憎まれ役として男性週刊誌から高い評価を得ていた。それに比べて宇垣アナは、ただの“うぬぼれ屋”。一部女子アナサイトは、みな実が『もっと謙虚にならなきゃ』と語ったという話を掲載。それを見た宇垣アナが、フリー転身の相談をしたという話です」(前出の女子アナライター)


フリー後の厳しい状況が続く田中より、どうせなら田中の“ライバル”だったカトパンに相談した方がよさそうだが…。



まいじつ

「TBS」をもっと詳しく

「TBS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ