江頭2:50“差別発言”で大ピンチ! 好感度キャラが崩壊「最低だな」

9月20日(月)17時31分 まいじつ


江頭2:50 (C)まいじつ 



YouTubeのレビュー企画で『モスバーガー』を絶賛し、同社広報から感謝の手紙を送られたことが話題となった江頭2:50。しかし一方で、引き合いに『マクドナルド』を貶したことが激しい非難を浴び、過去にないほどの〝大ピンチ〟に陥っている。


【関連】江頭2:50『マクドナルド』を“犬の餌”呼ばわりで賛否「残念です」「さすが」ほか


江頭は6月と7月の2回、マクドナルドの商品レビュー動画を投稿。その内容はかなり辛辣なもので、特にダブルチーズバーガーに対しては「パサパサして…これは全然うまくない!」「犬が食いそうな肉!」「まずっ!」「(ダブルチーズバーガーを貰ったら)捨てるよ」「ダブチは最悪! 絶対食べるなよ!」など、もはや暴言に近い評価を連発していた。


この毒舌は9月10日のモスバーガーレビュー動画でも止まらず、江頭は「やっぱりマックと全然違うね」「マックの肉はぺちゃ〜ってしてたじゃん。犬の餌みたいだったじゃん!」「これはちゃんとした人間の食べ物」など、引き続き〝犬〟という表現で言いたい放題。


「ダブチは最悪」「あれに金出してると思うと歯がゆくて歯がゆくて…」「完全に失敗作じゃん?」とまたも暴言を続け、ダブチのみならず「マックの開発部って能なしだね!」「モスってマックの3個くらい上いってるね」と、マクドナルドという会社自体を痛烈に批判したのだった。


失言連発でネット大荒れ「失礼」「誹謗中傷」「差別」


しかし、さすがに言葉が過ぎたのか、これらの発言には



《犬の餌とかよく言えたな マクドナルドで働いてる人達や食べてる人達に対して本当に失礼なコメント》
《好きだって人もいるのに犬の餌とは、お前は何様なんだよ》
《つまりマックの商品食べる国民の大多数を犬扱いしてるってことだよね? 発言自由だからって貶したら反感買うのは当たり前では?》
《マックだけでなく、モスも汚した こんな差別発言するような人間に愛されるなら食べたくない》
《「開発部は能なし」は誹謗中傷になる》
《ファストフード食べてる貧困層の弱者を差別した差別主義者の江頭最低だな》
《不味い、残念、これはいいんだよ 捨てる、犬の餌、脳なし、これはアウト 人をキズつけないエガちゃんのイメージ台無し》
《マクドユーザーは犬の餌を食べてる気狂いって間接的に馬鹿にしてる》
《人間の食べ物を犬の餌とか明らかに差別表現だろ》
《まずいまでは個人の感想でもいいけど 犬の餌だの開発は無能だの言いすぎだろ 好きで食べてる人や開発の人に失礼すぎる》



などと非難が殺到。これまでネット上で評価の高かった江頭だが、一転して窮地に追いやられている。


「江頭はその泥臭い芸風が独身非モテ男性の共感を呼び、長らく〝ネットで支持の高い芸人〟の筆頭でした。しかし、今回一斉に批判されたのを見ると、ネット上の〝江頭を批判できない空気〟〝江頭嫌いは女認定〟という空気に逆らえなかっただけで、下ネタや炎上芸しかできない安直さに、実はつまらない・あまり好きじゃないと感じていた人はかなりいたのでは。表立って批判できなかったので、このポカを機会にやっと物言える空気になったのでしょう」(お笑い評論家)


かなり批判が上がっているため、本人から直接の釈明があるかもしれない。


まいじつ

「江頭2:50」をもっと詳しく

「江頭2:50」のニュース

「江頭2:50」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ