ウーマンラッシュアワー村本が壮絶な過去告白

9月20日(火)16時9分 ナリナリドットコム

お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔(35歳)が、9月19日に放送されたニュース番組「AbemaPrime」(AbemaTV)に出演。壮絶な過去を告白した。

この日番組では、日本に不法滞在していたタイ人の母親のもとに生まれ、タイ国籍でありながら日本で生まれ育ち、入国管理局から母親と共に強制退去処分を言い渡された16歳のウォン・ウティナンくんの話題に。ウティナンくんだけでも在留特別許可を得られる可能性を信じて母親はタイに帰国し、日本に留まったウティナンくんがひとりで、処分取り消しを求める裁判を続けている状況が伝えられ、彼の過酷な状況に、スタジオの一同は言葉を失っていた。

そして、山梨で暮らしているウティナンくん本人と中継を結び、話を聞くことに。

「母親と別れてさみしいが、日本は故郷なので好きだ」と辛い状況にも関わらず毅然とした態度を見せるウティナンくんに、村本は自身の壮絶な過去を告白し、エールを送った。

「俺は16歳の時に勉強もしなかったし、学校も行かなかったけど、(ウティナンくんは)勉強を自主的に始めて楽しんでいてすごいなと思う」
「僕の親父は5000万円の連帯保証人になって、逃げられて、借金を背負って、離婚した。両親は二人とも不倫しまくりで」
「でも僕は人生を楽しんでいるんですよ」
「芸人で10年売れなくてゴミ捨て場からソファ拾ってきた時代もあったけど、人生を楽しんでる」
「だからウティナンくんも大人になって後悔しないように、今の状況を悲観しすぎずに楽しんで、大人になったとき好きな夢を叶えてお母さんに見せてあげられるように、前向きに頑張ってほしい」

ナリナリドットコム

「ウーマンラッシュアワー」をもっと詳しく

「ウーマンラッシュアワー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ