【TGS 2018】“コスプレ”コンパニオン続々登場 会場を彩る美女レイヤー10選

9月20日(木)14時11分 オリコン

コスプレ美女コンパニオンたち(C)oricon ME inc.

写真を拡大

 アジア最大級のゲームイベント『東京ゲームショウ2018(TGS)』が20日、千葉・幕張メッセで開催中。前半の2日間(20日・21日)は、ゲーム業界関係者、プレス向けのビジネスデイとし、後半の2日間(22日・23日)は一般公開日として開催される。初日である20日はあいにくの雨模様だが、41の国と地域から668の企業と団体が出展と過去最大規模となった。

 毎秋開催される世界的なゲームの祭典である『東京ゲームショウ』。『新たなステージ、開幕。』がテーマである今回は、出展企業・団体の内訳は、国内338社、海外330社。合計出社数は668社(昨年は609社)と、過去最大規模の盛り上がりを見せている。会場を彩るのは、様々な企業のコスチュームに身を包んだコンパニオン。特に来場者の注目を浴びているのは、ゲームに登場するキャラクターに扮した“コスプレ”コンパニオン。そこで、ORICON NEWSでは、ゲームのキャラクターに扮したコンパニオン10名を紹介。

 人気コスプレイヤーの宮本彩希さん(写真上段、真ん中)が挑戦したのは、艦船を擬人化したキャラクターたちが戦うアプリゲーム『アビス・ホライズン』の大和。たくさんのフラッシュを浴びていた。

 『TGS』は、9月20日(木)〜23日(日)の4日間、幕張メッセにて開催中。
 

オリコン

「2018」をもっと詳しく

「2018」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ