最終回『遊☆戯☆王』声優、思い出はランチ 木村昴「絆深めた」梶裕貴「結婚を祝っていただいた」

9月20日(金)13時36分 オリコン

アニメ「遊☆戯☆王VRAINS」に出演した豪華声優陣 (C)高橋和希 スタジオ・ダイス/ 集英社・テレビ東京・N A S

写真を拡大

 人気アニメ『遊☆戯☆王』シリーズの第6作『遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ)』が、25日の放送で最終回を迎える。それにあわせて、石毛翔弥、櫻井孝宏、木村昴、梶裕貴、武内駿輔といった出演キャストからコメントが寄せられた。

 同シリーズは、『週刊少年ジャンプ』で連載していた漫画『遊☆戯☆王』を原作としたアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』(2000年)からスタート。その後、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』『遊☆戯☆王5D’s』、『遊☆戯☆王ZEXAL』、『遊☆戯☆王ARC-V』が放送されてきた。

 歴史あるアニメに参加できた思い出をそれぞれ語る中、「一番印象に残った思い出」について藤木遊作役の石毛は「正直どこを切り取っても思い出しかないのですが、要所要所で描かれる遊作とAiの関係の変化、それぞれの想いを吐露するシーンはとても心に刻まれています」、Ai役の櫻井も「キャストの皆やAiに出会えたことが一番の思い出です。すばらしい時間でした」としみじみ。

 一方、草薙翔一役の木村は「収録のあとは、キャストの皆さんと毎週と言っていいほどランチに行っていました。そこでの会話からぐっと絆を深めることができたのだと思います。そんな思い出はなかなかありません」、穂村尊役の梶も「キャスト皆でランチしたこと、誕生日や結婚を祝っていただいたこと、石毛くんとの絆、櫻井さんからのお言葉…。そのすべてが忘れられない思い出です。VRAINSに参加できて、本当に幸せです」とキャストとのランチの思い出を振り返った。

 鴻上了見役の武内は「たくさんの人と出会えたことです。特に、石毛さんとライバルという立ち位置で、VRAINSという時間を過ごせたことが1番の宝物だったような気がします」と出会いに感謝していた。

 最終回はテレビ東京系にて25日午後6時25分から放送される。

オリコン

「遊☆戯☆王」をもっと詳しく

「遊☆戯☆王」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ