美元、再婚で移住&「ミセスシンガポール」に輝く 高嶋政伸との離婚騒動は「そっとしておきたい…」

9月20日(金)8時0分 オリコン

22日放送の『追跡ドキュメントバラエティ シンジジツ』の模様(C)フジテレビ

写真を拡大

 2012年に俳優の高嶋政伸(52)と離婚したモデルで女優の美元(40)が、再婚してシンガポールへ移住し、名前も芦澤裕子からユウコ・チャンに変わり、現在はシンガポールで活動していることがわかった。22日放送のフジテレビ系『追跡ドキュメントバラエティ シンジジツ』(後9:00〜11:09)で、シンガポールでの生活を公開している。

 母の夢であった「ミス・ユニバース・ジャパン」に、2000年20歳の頃挑戦し、準グランプリに選出された美元。その後、世界10ヶ国でモデルとして活躍し、女優デビューを果たした。順風満帆な人生と思われたが、7年前の離婚騒動で世間から大バッシングを受ける。マスコミの過熱する取材と捏造された情報や記事。当時、彼女が精神的に追い詰められることになった「裏切り」、あの時に守り続けた「沈黙」の理由とは。番組では、本人の告白とともに、過去の映像、そして再現VTRを交えて、あの騒動の“シンジジツ”を伝える。

 離婚後、滞在していたシンガポールでシンガポール人の男性と再婚して移住、ユウコ・チャンとして若い世代に混ざりモデル活動を再開した。さらなるステップアップを目指し、今年5月「ミセスシンガポール」に挑戦し、見事グランプリに輝いた。同大会では外見の美しさだけでなく、社会貢献活動への取り組みや、妻として母としての資質を問われる。現在は「ミセスシンガポール」として、12月の世界大会を目指し活動している。

 シンガポールで新しい家庭を築き、生活が落ち着いた今も「日本の取材を受けるのは怖い」との本音ものぞかせる。しかし、ネット上では昔の記事や書き込みがそのまま残っていて、今もなお、自分はもちろんのこと、関係のない娘までも傷つけられてしまうことがあるのだという。「過去のことはそっとしておきたい」と思う反面、避けてばかりはいられないのも現実だ。7年前の騒動から今の生活まで、時を経てようやく本人から明かされる“シンジジツ”に注目が集まる。

オリコン

「離婚」をもっと詳しく

「離婚」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ