柳家喬太郎師匠が「健康保険の現状」をテーマに新作落語を初披露!

9月20日(月)11時0分 Rooftop


健康保険組合連合会は、落語家の柳家喬太郎師匠が、「健康保険の現状」をテーマにした新作落語を披露する「健保寄席」(全二席)を、2021年9月20日(月・祝)「敬老の日」から特設サイト、公式YouTubeアカウントにて公開。また、同日、日本経済新聞と読売新聞の朝刊にて、本件に関する全15段カラー広告を掲載。

すべての人にとって、身近で大事な「健康保険」。その様々な課題や現状について、より関心を持っていただくため、今、最もチケットが取りにくいと言われる落語家・柳家喬太郎師匠の新作落語動画(全二席)を制作。一席目のテーマは、「75歳以上の医療費窓口負担が、現在の1割から2割になる」こと。高齢化、少子化、医療技術の発達などにより、医療費は増え続けている。今後も国民皆保険制度を維持していくため、来年度後半以降に予定されているこの窓口負担増を前向きに理解していただきたい、という思いが込められている。二席目のテーマは、「かかりつけ医とオンライン診療の必要性」について。医療を現代にあった仕組みに変えながら1人ひとりが健康意識を高め、医療費を節約していくことが重要。かかりつけ医を持ち、オンライン診療を活用することで、より賢い患者を目指していただく。それが、国民皆保険制度の維持・運営に役立つと考えているとのこと。

unnamed-2.gif

『酒と恩返し』

 物語の舞台は、主人公馴染みの焼鳥屋。ようやくお店を訪ねることができるようになり、久しぶりにやってきた、喜寿を迎えた主人公のおじいさんと、現役世代の常連客、店員の若い衆といった登場人物たちの間で世間話が始まる。「後期高齢者の窓口負担が2割になること」を嘆く主人公に対し、その必要性を説く常連客。会話の中で、大将が行っている子どもたちのための取り組みや、次代を担う若い衆を厳しくも温かく見守っていることを聞き、主人公は「なるほど。上から受けた恩は下に返すのだ」と思います。健康保険もそういうことかと合点がいき、次第にその必要性を感じ取っていく。

『ばあちゃんとスマホ』

 在宅で配達サービスを受ける主人公のおばあちゃんと、配達にやってきた顔馴染みの若い女性スタッフとの微笑ましい会話劇。実は、おばあちゃんはマッチングアプリを使いこなすほどの(?)スマホユーザーであることが判明し、女性スタッフを驚かせます。ちょっぴりとぼけた雰囲気の主人公のおばあちゃんと、その言動に振り回されながらも、身の回りのお世話を手伝ったり、わからないことをいろいろ教えたりしてくれる親切な女性スタッフ、2人の掛け合いを通じて、かかりつけ医の大切さと、案外手軽にできるオンライン診療について、楽しみながら理解を深められる落語。

unnamed.jpg

「健保寄席」『酒と恩返し』/『ばあちゃんとスマホ』
出演:柳家喬太郎師匠
公開日:2021年9月20日(月・祝)「敬老の日」
公開先:「健保寄席」特設サイト https://www.kenpoyose.com/

Rooftop

「健康保険」をもっと詳しく

「健康保険」のニュース

「健康保険」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ