AKB48岡田奈々、元SDN48梅田悠と14期生オーディション以来「6年振りの再会!」

9月20日(木)13時1分 Techinsight

岡田奈々と梅田悠(画像は『梅田悠 2018年9月19日付Twitter「偶然、岡田奈々ちゃんに会いました!!」』のスクリーンショット)

写真を拡大

SDN48の梅田悠がAKB48STU48兼任)の岡田奈々と久々に再会した。彼女が『梅田悠(haruka_umeda)ツイッター』で9月19日、「偶然、岡田奈々ちゃんに会いました!! 14期生のオーディション以来だ!!」と並ぶところを公開して「なんか、姉妹のような感じもしますね」「すみません。衝撃です! お二方。最高のトップアイドル! このツーショット! 永久保存させてください!」と反響を呼んでいる。

さらに「オーディションの時からすごく真面目な子だなぁって印象だった。今ではAKB48を引っ張る存在 素敵!!」と続ける梅田の投稿を岡田奈々がRT、「梅田悠さんとの6年振りの再会…!」と受け止めた。

岡田が「オーディションのときに厳しく指導していただいたこと 今でもしっかり覚えています」と懐かしめば、フォロワーから「会えてよかったね!」「姉妹みたい」とコメントが寄せられている。

梅田悠は3歳からダンスをはじめると、小6の時にミュージカルのオーディションを受けてスカウトされ中1で単身上京した。2003年にNHK紅白で和田アキ子のオファーによりバックダンサーを務めたり、高3の頃はTRFのバックダンサーをしながら千紗(girl next door)たちと活動する。

ダンスの経験を積んだ彼女は2009年8月にSDN48の1期メンバーとして活動をはじめるが、2012年3月31日に開催された『SDN48 コンサート「NEXT ENCORE」in NHKホール』をもってSDN48は全員卒業した。

一方、岡田奈々は2012年5月13日に『AKB48 第14期生オーディション』の最終審査に合格しており、梅田はSDN48を卒業後に彼女を指導したものと思われる。

当時を振り返りながら「AKBの舞台も観に行きたいなぁ」とつぶやく梅田。小栗有以と岡田奈々のダブル主演舞台『マジムリ学園』(10月19日より上演)を観たら、さらなる成長ぶりに驚くかもしれない。

画像は『梅田悠 2018年9月19日付Twitter「偶然、岡田奈々ちゃんに会いました!!」』のスクリーンショット

Techinsight

「岡田奈々」をもっと詳しく

「岡田奈々」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ