フジ「めちゃイケ」、超低迷でも局員が「打ち切りは絶対ない」と言い切る理由

9月21日(木)5時59分 アサ芸プラス

 今年10月、放送開始から21年を迎える「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)。

 かつては視聴率20%台を連発し、2004年10月には驚異的な33.2%(ビデオリサーチ調べ)を叩き出した同番組だが、近年は人気が低迷。

 今春からテレビ東京系でスタートした裏番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」にもたびたび視聴率で敗北を喫し、各メディアで「打ち切り説」が囁かれている。

 そんな「めちゃイケ」の現状について、関係者に展望を聞いてみると──。

「9月16日の放送で岡村さんがダンスやスポーツなどに挑戦し、それをドキュメンタリー風に放送する人気企画“オファーシリーズ”の続編が予告されたように、今後、いろいろな大型企画を予定しているみたいですよ」と語るのは同局社員だ。

 視聴率の低迷について「社内では『出演者の問題』ではなく『企画の問題』という認識が強い。企画がハマれば、裏番組の『出川充電』を上回れるのではないでしょうか」と語る同社員は、日増しに高まる「打ち切り説」についても「しばらくは絶対にありませんよ」と断言する。

 なぜ「めちゃイケ終了はない」と言い切れるのか?

「適任のタレントがいないんですよ。『めちゃイケ』の代わりに、今後10年、20年続く看板番組を作るにあたって、番組を任せられる若手芸人がまったく育っていない。10月から、ゆりやんレトリィバァら若手芸人がユニットを組んだ新番組『AI-TV』が月曜23時の枠で始まりますが、次代の看板番組に育つ気配は正直感じられません」(前出・局員)

 低迷の続く「めちゃイケ」だが、若手芸人が人材不足のうちは安泰といったところか。

(白川健一)

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

めちゃイケをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ