北原里英、グループ卒業発表後初の主演映画が決定! 『凶悪』白石和彌監督の最新作

9月21日(木)5時0分 クランクイン!

北原里英主演映画『サニー/32』(C)2018『サニー/32』製作委員会

写真を拡大

 来年春にAKB48グループ卒業を発表しているNGT48のキャプテン・北原里英が2018年2月公開の映画『サニー/32』で自身初の主演を務めることが分かった。卒業も控える中、「待ちに待った瞬間を迎えて、震えるほど嬉しい気持ち」と明かした北原は、「この作品で新しい一歩を踏み出します!」と意気込みを示す。 映画『サニー/32』は、白石和彌と脚本・高橋泉の『凶悪』タッグによる完全オリジナルのサスペンス。物語は、仕事も私生活も今ひとつの中学校教師・藤井赤理(北原)が24歳の誕生日に誘拐されるところから展開。犯人は、ピエール瀧&リリー・フランキー演じる「犯罪史上、もっとも可愛い殺人犯」“サニー”の狂信的信者であったが、2人はなぜか赤理を“サニー”と呼んでいた…。

 初の主演映画を通して「新たな人生を歩み始められることをとても幸せに思います」と思いを口にした北原は、本作の脚本について「本を読むだけでこれはとんでもないものになりそう…という予感と、自分に『これができるのだろうか?』という心配とで、ワクワクドキドキしました」と感想をつぶやく。

 また、共演する瀧とリリーに対して「わたしの大好きな『凶悪』コンビだったので、初めてお二人の2ショットを見たときは、こっそりテンションが上がりました!」と告白。「映画などでは怖い印象の強いお二人ですが、実際はとても面白くてお茶目で可愛くて、瀧さんは少年のようで、リリ ーさんは包容力溢れる大人で、タイプの違うお二人なのですが 2人がとても仲良しで癒されました」と撮影現場での様子を語っている。

 北原の初主演が発表されたほか、特報映像も解禁となった映画『サニー/32』は、2018年2月全国ロードショー。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

卒業をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ