岡田准一主演『散り椿』仲代達矢、小栗旬らの絶賛コメント到着

9月21日(金)8時0分 クランクイン!

『散り椿』場面写真(C)2018「散り椿」製作委員会

写真を拡大

 V6の岡田准一が主演を務め、木村大作監督がメガホンを取る映画『散り椿』より、本作を観た仲代達矢小栗旬らの絶賛コメントが到着。数々の時代劇に出演している仲代は本作について「人間の普遍的な愛のひとつの形を提示した作品だったかと思います」と語っている。 黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』の撮影助手としてキャメラマンのキャリアをスタートさせ、『用心棒』『椿三十郎』『どですかでん』で黒澤監督に従事した木村が、映画人生60周年を迎える作品として取り組んだ本作。藩の不正を訴え出たために時の権力に負けて藩を離れた男・瓜生新兵衛(岡田)が、連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)、かつて良き友だった榊原采女(西島秀俊)らと織りなす人間模様を描く。

 本作は、先日カナダで開催されたモントリオール世界映画祭で、準グランプリに相当する審査員特別賞を受賞。また、新たに解禁された場面写真には、自分の背負った逃れられない運命に想いを馳せる新兵衛の姿が収められている。

 海外の映画祭での快挙を祝福するように、著名人から本作への絶賛コメントが寄せられた。俳優の北大路欣也は「ロマン溢れる時代劇の醍醐味を満喫させてくれる素晴らしい作品」とコメント。そして岡田と『追憶』で共演した小栗は「自分が見て憧れた先輩俳優たちに勝るとも劣らない姿が美しい映像の中に溢れており、最後の戦いでの岡田准一さんの顔・姿・形には、まさにその時代を本当に生きたのではないかという深さを感じました」と惜しみない賛辞を送っている。

 また女優の岩下志麻は「武士の矜持、そして人の気持ちの動きが繊細に描かれていて、男と女、男と男の心に秘めた深い愛に感動しました」と語っている。

 映画『散り椿』は9月28日より全国公開。

クランクイン!

「岡田准一」をもっと詳しく

「岡田准一」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ