上西議員「ずっとアムラーメイクしてたのにパンダと言われ...」ツイートに「安室に謝れ」「パンダにも」非難殺到

9月21日(木)12時7分 J-CASTニュース

上西小百合衆院議員(2017年3月撮影)。「議員になってからも安室ちゃんのつもりでやってたけど」とツイートしている

写真を拡大

歌手の安室奈美恵さん(40)の引退表明を受け、上西小百合衆院議員(34)が2017年9月21日朝、社会現象にもなった「アムラー」としての思い出をツイッターで振り返った。「高校生の時、安室ちゃんのメイクとか色々真似した。ルーズソックスもはいた」という。


高校卒業時の写真公開し「みんなの期待に応えて深キョン風にしてた」



高校卒業時の写真も公開し、


「『附高の深キョン』って言われてたので、みんなの期待に応えて深キョン風にしてた」

と、安室さんだけではなく深田恭子さん(34)も目指していたことも明かした。



「アムラーメイク」は2012年12月の衆院議員初当選後も続けていたというが、国民の目には必ずしも安室さんのようだとは映らなかったようで、上西議員は


「議員になってからも安室ちゃんのつもりでやってたけど、安室ちゃんじゃなくてパンダって言われて腹立った」

と憤慨していた。ただ、こういった書き込みへの賛同の声は必ずしも多くなく、


「安室と深キョンに真似してすいませんって謝れ!」

「パンダにも謝罪して欲しいです」

といった厳しい声が相次いでいる。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

上西小百合をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ