斉藤由貴、大河ドラマ「西郷どん」降板<NHKコメント>

9月21日(木)13時36分 モデルプレス

斉藤由貴 (C)モデルプレス

写真を拡大

【斉藤由貴/モデルプレス=9月21日】50代一般男性とのW不倫報道を認めた女優の斉藤由貴(51)が、出演を予定していたNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん)」への出演を辞退することがわかった。

21日、NHKが公式サイトにて「来年1月から総合テレビで放送する大河ドラマ『西郷どん』で、幾島役としてご出演いただく予定だった斉藤由貴さんの所属事務所から、本日、出演を辞退したいという申し出がありました」と発表。

「これを受けてNHKとして検討した結果、予定通りご出演いただくのは難しいと判断し、出演者を変更することとしました」と説明し、代役については「今後、早急に出演者の選考を進めてまいります」としている。

◆W不倫認め謝罪

8月に一部週刊誌が妻子のある50代の開業医の男性との手つなぎデートや1週間に4度密会していることを報道。斉藤は同月3日に会見を開き、報道を否定していたが、今月11日、不倫を認め謝罪するコメントを発表。「今後お仕事で派生するペナルティーは、覚悟してお受けいたします」としていた。

「西郷どん」は、鈴木亮平が主演を務める57作目の大河ドラマ。斉藤は北川景子演じる篤姫の女中頭・幾島として出演予定だった。(modelpress編集部)

■大河ドラマ「西郷どん」出演者変更について

来年1月から総合テレビで放送する大河ドラマ「西郷どん」で、幾島役としてご出演いただく予定だった斉藤由貴さんの所属事務所から、本日、出演を辞退したいという申し出がありました。

これを受けてNHKとして検討した結果、予定通りご出演いただくのは難しいと判断し、出演者を変更することとしました。

今後、早急に出演者の選考を進めてまいります。

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

降板をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ