「恋のツキ」サカキ(今泉佑唯)、伊古(神尾楓珠)に想い告げる<第10話あらすじ>

9月21日(金)1時30分 モデルプレス

神尾楓珠、今泉佑唯/「恋のツキ」第10話より(C)新田章/講談社(C)「恋のツキ」製作委員会

写真を拡大

【恋のツキ/モデルプレス=9月21日】女優の徳永えりが主演を務める、テレビ東京系木ドラ25『恋のツキ』(毎週木曜深夜1時〜)の第10話が27日、放送される。

◆徳永えり主演「恋のツキ」

新田章が“女の浮気心”を生々しく描く出した同名コミックを実写化した同作。現代の日本の様々な社会的ストレスを抱えながらも、自分にとって本当に幸せな生き方を見つけることができるのか?潜在的に抱える危険な欲望とホンネがあらわになるアラサー女子のリアルな日常を描く。

主人公で31歳フリーターの平ワコ役を徳永、ワコと結婚目前のマンネリ彼氏・青井ふうた(通称:ふうくん)役を黒猫チェルシーの渡辺大知、突然現れた16歳も年下の高校生・伊古ユメアキ役を神尾楓珠が演じる。

◆第10話あらすじ

高校生の伊古(神尾楓珠)と付き合い始めたワコ(徳永えり)は、伊古の映画作りに役立つと思い、元カレである土屋(安藤政信)の友達が企画している映画祭へ行くことに。

一方伊古は、サカキ(今泉佑唯)と地域交流会が行われている教会を訪れていた。サカキから突然思いを告げられた伊古は、ワコとの関係を打ち明けるが…。

映画祭の後、ワコが土屋に送られ家に帰ると伊古が待っていた。伊古の様子がおかしいことに気付いたワコは—

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「恋のツキ」をもっと詳しく

「恋のツキ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ