“ミスヤンマガ”寺本莉緒、世界が注目する美ボディ&バストラインを露わに…

9月21日(土)12時0分 オリコン

『週刊ヤングマガジン』第43号の表紙を飾った寺本莉緒(C)LUCKMAN /ヤングマガジン

写真を拡大

 昨年7年ぶりに復活した名門ミスコン「ミスマガジン2018」で「ミスヤングマガジン」に選ばれた寺本莉緒(17)が、21日発売の『週刊ヤングマガジン』第43号(講談社)の表紙に登場。SNSの水着画像が世界中から注目され、フォロワーが急増している新世代の逸材ガールが、“世界基準”の美ボディを存分に見せつけた。

 広島出身の寺本は、身長150センチと小柄ながら、スリーサイズはバスト88・ウエスト60・ヒップ88センチを誇り、ヤンマガの将来を担う逸材として「ミスヤングマガジン」に選出。今年4月にソロで表紙を飾った際には“ヤンマガ次代の宝”というキャッチコピーが与えられた。

 5ヶ月ぶりとなるソロ表紙では、初めて訪れた北海道を舞台に迫力満点のボディライン、キュートな笑顔、セクシーポーズを堂々と披露。真っ白なレオタード風衣装のカットでは、こぼれ落ちそうなバストラインを露わにしている。

 同号にはそのほか、センターグラビアにタレントの郡司芹香(21)、巻末グラビアにはグラビアアイドルの高崎かなみ(22)が登場する。

オリコン

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ