23歳で起業した経営者・山本紗也さん、ミス日本に挑戦「身も心も美しく、和の心を大切に日本の素敵な文化を伝えていける人になりたい」

9月21日(火)18時0分 オリコン

『第54回ミス日本コンテスト2022』東日本地区ファイナリストに決定した山本紗也(C)Deview

写真を拡大

『第54回ミス日本コンテスト2022』の東日本地区大会が14日、東京・京王プラザホテルで行われ、自己PR、質疑応答、洋服審査、スポーツウェア審査など厳正な選考を経て、2022年1月24日に行われる予定の『ミス日本コンテスト』に出場する地区代表9名が決定した。ファイナリストの一人、新潟県出身(東京在住)の25歳・山本紗也さんは、23歳で花関連の会社を興した経営者。「自分に無いものをこれからの勉強会で学び、大会に向けて頑張って行きたい」と謙虚な姿勢で日本大会への意気込みを語った。

 「『想いを贈る 想いを飾る』をコンセプトにしてお花関連の事業、また介護の資格を活かし、高齢者住宅でのお仕事に関わってきました」と語る山本さんは、若き経営者。そして今は「日本の文化・着物」に魅せられていて「年齢を問わず人と人を繋ぐ、そんな着物の魅力に惹かれレッスンに通い、準師範の資格を取りました。今では自分で着物を着られるようになり、誰かに着付けることを学んでおります」と、特技披露として、着物の着付けの所作をエアで再現した。

 「自分の会社の活動はもちろん、ミス日本の一人として、身も心も美しく、和の心を大切に日本の素敵な文化を伝えていける人になりたいです」と目標を語る山本さん。日本大会に向けて「自分に無いものをこれからの勉強会で学び、大会に向けて頑張って行きたい」と意気込んだ。

オリコン

「起業」をもっと詳しく

「起業」のニュース

「起業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ