洞窟で暮らす人々から学ぶ、鬱屈とした毎日を跳ね返すヒントとは?! 『アンダルシアの洞窟暮らし』発売!

9月21日(火)11時47分 Rooftop


青春出版社は『アンダルシアの洞窟暮らし』(太田尚樹/著)を9月22日に発売。

スペイン南部アンダルシア地方の山岳地帯の麓に、 現在も暮らしている「洞窟の民」たち。 文明に疲れ、 大都市の生活に疲れ、 人間関係につかれた人々は、 なぜ洞窟をその棲家に選び、 どのように暮らしているのだろう。

本書では、 そんな彼らの「持たない」「ゆったりとした」「ていねいな」生き方が伝える、 現代の“鬱屈”を跳ね返すヒントを紹介。 現代文明の‟あたりまえ”から距離を置くことで、 自分を取り戻す生き方が見えてくるはずだ。

unnamed-3.png
unnamed-4.png

本書の内容

1.洞窟暮らしの四季暦
・もたない暮らしと闇の世界
・洞窟住居の構造
・洞窟の四季 …
2.洞窟暮らしの歴史
・動物の壁画が物語るもの
・イスラム教徒の逃亡先 …
3.洞窟で生きるということ
・持てない生活、 持たない生活
・現代文明の息苦しさについて …
4.地平線の向こうへ
・ジプシーの起源
・ジプシーは差別用語か …

Rooftop

「洞窟」をもっと詳しく

「洞窟」のニュース

「洞窟」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ