本田圭佑の「貯金は悪」発言が物議 「言いたいことは分かるけど…」

9月21日(土)6時46分 しらべぇ

本田圭佑(画像は本田圭佑公式ツイッターのスクリーンショット)

人同士がお互いの考えを理解し合うのはとても難しいもの。現在ネット上では、元サッカー日本代表・本田圭佑の発言が物議を醸している。


■お金を巡る発言

本田は19日夜に自身のツイッターを更新し、「貯金は悪」という意味深な言葉を投稿。「確かに、使ってこそのお金ですもんね」という声も見られたが、「目標のための貯金もあるから一概に悪とは言い切れないと思います」といった意見も多く賛否両論を呼んでいる。

中には本田の短い言葉の中に込められた意味を解説するファンも現れ、多数の議論が行われた。


関連記事:本田圭佑選手、日大アメフト問題に持論も「残念なコメント」の声が相次ぐ

■思わず本人も補足

リプライ欄がファン同士のやり取りで大荒れ状態になったのを見かねてか、本田は翌20日にツイッターを再度更新。「貯金は悪=消費して資産をなくすことではないですからね」「ビックリするほど誤解してそうな人が多かったので、念のため!」と、補足を入れている。

発言内容を受けてネット上では、「言いたいことは分かるけどモヤモヤする…」「いくら何でも言葉が足りなすぎるのでは?」など疑問の声が多数上がっていた。

■投資家としての本田

昨今ではビジネスや教育に対して投資活動を行なっている本田。2017年にはツイッターより、「貯金の重要性は理解しているが、僕は貯金反対」「実際に生活費に必要なお金以外は全て消費でなく投資に使う」と発言していた。

今回の「貯金が悪」発言にもそういった背景があるのだろうが多くの誤解を招いてしまい、「批判されている理由がよく分からない」「金はないし、ほぼ株」とコメントしている。


■それも庶民には重要

本田の意見に賛同する人も多いが、多くの一般人にとって貯金は重要なもの。しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,344名を対象に調査を行なった。

調査の結果、「貯金のない異性は恋愛の対象外だと思う」と答えたのは全体の34.4%と判明。貯金以外に大切なものを見出した人が多いようだが、やはり一定数は貯金を重要視しているのだろう。

貯金のない異性

言葉足らずが原因で、しばしば物議を醸す本田。今後も自身の発言スタイルを貫いていくのだろうか。


・合わせて読みたい→本田圭佑、宮迫博之の契約解消に疑問 「何がそんなに悪いんですかね」


(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2017年12月15日〜2017年12月18日

対象:全国20代〜60代の男女1,344名(有効回答数)

しらべぇ

「本田圭佑」をもっと詳しく

「本田圭佑」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ