エミー賞無冠の「ザ・ボーイズ」、事前に独自のアワード作ってしまう

9月21日(火)13時7分 THE RIVER

テレビ界のアカデミー賞と言われるエミー賞より、2021年(第73回)の受賞者が発表された。今年は「ザ・クラウン」(2016-)や「クイーンズ・ギャンビット」(2021)などを手がけるNetflixがトータル44冠に輝いた。これに、「I May Destroy You」(2020)や「メア・オブ・イーストタウン/ある殺人事件の真実」(2021-)などのHBO Maxが19冠、「マンダロリアン」(2019)「ワンダヴィジョン」(2021)などのディズニープラス(Disney+)が14冠、「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」(2020-)などのApple TV+が10冠と続いている。

このエミー賞が発表される前、実はTwitter上ではもう一つのアワードの発表が行われていた。「ザ・ボーイズ」(2017-)に登場する巨大企業ヴォート社プレゼンツによる「スーピー(Supie)」なるアワードだ。エミー賞発表の前日9月18日(現地時間)、ヴォート社の公式Twitterは、以下のような投稿をしている。

「我々は、エミー賞のノミネーションを(そこまで)取れませんでしたが、“Vought+(ヴォートプラス)オリジナル”の全作品が“スーピー”で受賞しました!これは大きな感動であり、驚きの記録です。ディープと一匹の特別でしなやかなタコとの親密な関係を描いた『Her Deepness』をぜひ探求してみては。」

お察しの通り、この「スーピー」なるアワードはエミー賞開催にあわせたパロディ企画。ディープとタコの関係に密着した「Her Deepness」は、2020年アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞に輝いた『オクトパスの神秘: 海の賢者は語る』(2020)の内容を(なぜだか)かけたものだろう。

このほか、Vought+オリジナルの作品としては、セブンのメンバーであるクイーン・メイヴ主演のミステリードラマ「Maeve of Easttown」や、シーズン2に初登場したキャラクター、ラブソーセージ主演のドラマ「Love, Sausage」なども「スーピー」の受賞作品として紹介されている(それぞれ、ドラマ「メア・オブ・イーストタウン」と映画『Love, サイモン 17歳の告白』にかけたもの)。

実際のところ、「ザ・ボーイズ」は作品賞を含むエミー賞5部門にノミネートされており、受賞にも注目が集まっていた。結果的に受賞とはならなかったものの、十分な結果といえるだろう。メインキャストのひとり、ヒューイ役のジャック・クエイドは自身のInstagramで、エミー賞にノミネートされたことに対して、まるでヴォート社(製作側)のやりたい放題ぶりをフォローするかのように、丁寧に?感謝を伝えている。

この投稿をInstagramで見る

Jack Quaid(@jack_quaid)がシェアした投稿

Source: Deadline


THE RIVER

「エミー賞」をもっと詳しく

「エミー賞」のニュース

「エミー賞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ