浜辺美波「戻りたいのは平成時代」 「小学2年生の自分に食育したい」

9月21日(土)11時17分 エンタメOVO

質問に現実的な回答をし会場を盛り上げた浜辺美波

写真を拡大

 アニメ映画『HELLO WORLD』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、声優を務めた北村匠海松坂桃李浜辺美波福原遥と伊藤智彦監督が登壇した。

 本作は、ヒットメーカーの伊藤監督が新たに手掛けるSF青春ラブストーリー。

 劇中の設定にちなみ、「もしどの時代にもアクセスできるとしたら、どの時代に行って何をしたいか?」と聞かれたキャストたち。北村が「アウストラロピテクスと対話したい」と答えれば、松坂は「戦国時代。宮本武蔵の“構え”が本当にあの絵の通りのスッとした“構え”だったのかを確かめたい」と続き、笑わせた。

 一方の浜辺は、「平成時代の自分が小学2年生だった時に戻りたいですね」と回答。「その時の年齢で、どれぐらいの数の脂肪細胞があるかによって、その後の太りやすさが変わるらしいんですよ。だからそこに行って(自分に)食事指導、食育をしたいですね」と理由を明かし、「私ももうちょっと夢を持ちたい。(男性陣の)お二人はすごい」と苦笑した。

 また「想像したものを生み出すことができる神の手を手に入れたら?」という質問も。北村が「ガンダムに乗りたい」と答えると、松坂は「螺旋丸(らせんがん)ですかね」と、漫画『NARUTO』の登場人物が使用する忍術名を挙げた。

 続く浜辺は「私、そんな夢のあることが思い浮かばなくて…。マンションを建てて、下の階を売ろうかな、とか思ったんですが、これは良くない。なのでお城にします」と迷いながら答えた。ここで伊藤監督から「永続効果はないから、お城は壊れちゃうかも」と指摘された浜辺は、「どうしよう。じゃあ山をちょっと平らにして、土地を手に入れちゃいます」と再び現実的に答え、笑わせた。

エンタメOVO

「時代」をもっと詳しく

「時代」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ