吉岡里帆『見えない目撃者』に自信 ハワイ映画祭に出品「反応楽しみ」

9月21日(土)11時8分 エンタメOVO

視力を失った元警察官を演じた吉岡里帆

写真を拡大

 映画『見えない目撃者』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演の吉岡里帆高杉真宙浅香航大田口トモロヲと森淳一監督が登壇した。

 本作は、吉岡演じる視力を失った元警察官が“目撃”した、連続猟奇殺人事件の謎に迫るR15指定(15歳未満入場不可)のスリラー映画。吉岡は、満員の客席を見渡し「目頭にくるものがあります」と感激の表情を見せ、「製作チーム一同がむき出しになって携わり、攻めて攻めて作り上げた作品です」と出来栄えに自信をのぞかせた。

 吉岡の「目」となりコンビを組んだ高杉は、「この映画に挑戦したこと自体が攻めだった。出来上がった作品を見たら笑っちゃうくらいビックリした」と満足げに振り返った。刑事役の浅香も、「最後の20分は、せきもできないほどの緊張感で、内容を知っていてもTシャツが汗でびっしょりになった」と強調した。

 捜査の中心となる刑事を演じた田口は、「ストーリー展開とリアリティある描写は、テレビではアウト。死体が本当にグロテスクで、監督がこだわった繊細な演出がすごい」と絶賛。すると吉岡が、「だから、映画館に来て良かったと思えるパワーのある映画なんです」と応じた。

 本作は、11月7〜17日に開催されるハワイ国際映画祭への出品が決定。吉岡は、「映画でしかできない表現に、世界の人からどんな反応が返ってくるか楽しみ」と期待を寄せていた。

エンタメOVO

「吉岡里帆」をもっと詳しく

「吉岡里帆」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ