窪田正孝『東京喰種』続編決定、“月山習”に松田龍平、“霧嶋董香”に山本舞香が抜擢!

9月22日(土)7時0分 映画ランドNEWS

映画『東京喰種トーキョーグール』の続編、『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』の製作が決定。主演の窪田正孝、新キャストに松田龍平山本舞香を迎え2019年に公開されることがわかった。



2018年7月「東京喰種 トーキョーグール:re」の最終巻(16巻)で完結を迎えた、全世界 累計発行部数3,700万部を誇る超人気コミックス。2017年7月29日(土)に実写映画が公開され、興行収入11億円を突破し、世界29ヶ国で公開され今も尚拡大中であり、世界的な大ヒットを記録した。


前作に続き、主人公・金木研(カネキ ケン)役は窪田正孝。人間でありながら“喰種(グール)”としての能力に目覚め、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿に、世界中の原作ファンから絶賛された窪田が今回も魅力的に演じる。


原作ファンの間で圧倒的な人気キャラであり、本作で映画初登場となる月山習(ツキヤマ シュウ)役に松田翔太が抜擢。「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種でカネキと対峙する役どころ。最大の宿敵の登場に期待が高まる。さらに、ヒロインの霧嶋董香(キリシマ トーカ)役に山本舞香が扮する。


食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京。続編では、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山習が、金木研や霧嶋董香のいる喫茶店「あんていく」を訪れる。カネキの特殊な「におい」に異常な興味をもち、彼を「グールレストラン」に誘い出す。カネキVS月山、人間と喰種の共存を賭けた闘いの行方が描かれる。



窪田正孝【金木研(カネキ ケン)役】コメント




金木と再会できて幸せに思います。スイ先生の東京喰種は新たな感性や感覚、出会いを与えてくれました。金木は正直扱い辛くやっかいな奴だけど、人には決して感じ得ない世界を魅せてくれます。新たな東京喰種の「一肉片」の作成に精進して参ります。(※読み「一肉片」=いちにくへん)


松田翔太【月山習(ツキヤマシュウ)役】コメント




東京喰種の異様な世界にこれから浸れることを嬉しく思います。監督を始めとするスタッフの仲間や、窪田くんを中心にキャストの皆さんと、この撮影を楽しめたらなと思っております。月山が具現化するとどうなるのか、巧妙なCGや本格的なアクションも含め彼の独特な精神性を表現できたらなと思っております。撮影開始が待ち遠しいですね。


山本舞香【霧嶋董香(キリシマ トーカ)役】コメント




参加出来てとても嬉しいです。今回、「東京喰種 トーキョーグール2(仮)」からの参加ですが、世界観を大切にしつつ霧嶋董香として皆様の期待に応えられるよう、そして愛されるように監督とセッションしながら撮影できたらと思いますので見守っていただけると嬉しいです。アクションも凄く楽しみでしっかりと練習して臨めたらと思っています。そして、東京喰種のチームの皆様と少しでも早く溶け込めたらなと思ってます。宜しくお願いします。


映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』は2019年に全国公開


(C)石田スイ/集英社 (C)「東京喰種」製作委員会


ストーリー:食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京。大学生のカネキは、ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなり、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、いまは喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せており、トーカらとともに生活をしている。そんな最中、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が「あんていく」を訪れる。月山を厄介者だと言い露骨に嫌な顔をするトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。だが、月山は人間と喰種のハーフであるカネキの特殊な「におい」に目をつけ、カネキを「グールレストラン」へ招き入れる。カネキVS月山…それぞれの【正義】がぶつかり合い、人間と喰種の共存を賭けた闘いがいま始まる。


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「東京喰種」をもっと詳しく

「東京喰種」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ