峯岸みなみ、「坂道」に恨み節 「なんで出てきたかな」

9月22日(土)8時0分 J-CASTニュース

AKB48の峯岸みなみさん。2018年8月のコンサートでは、同期の前田敦子さんの結婚を「国民と同じ」タイミングで知ったことを自虐気味に明かしていた

写真を拡大

AKB48峯岸みなみさん(25)がラジオ番組で、「公式ライバル」の乃木坂46や、その妹分の欅坂46などの「坂道グループ」について「正直やっぱり、いなければいいのにな」などと次々に恨み節をこぼした。

峯岸さんは、AKBが坂道グループにCMやテレビ出演を奪われていると感じている様子で、坂道グループについて「なんで出てきたかな」とも。共演したケンドーコバヤシさん(46)は「(坂道は)かわいい」と、身も蓋もない分析を披露し、最近「自虐トーク」が目立つ峯岸さんは「やめてください!」と防戦に必死だ。




「いなければいいのにな、と思ったことは、正直...」




峯岸さんの発言があったのは、2018年9月19日夜に放送されたラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ、関西ローカル)。この番組には柏木由紀さん(27)がレギュラー出演しているが、この日は峯岸さんが代理で出演していた。そこにリスナーから寄せられた質問が


「柏木さんは坂道グループを毛嫌いされていますが、峯岸さんは坂道をどう思われていますか?」

というものだ。ここでケンコバさんが


「柏木さんは、坂道グループの話したら『ストップ!』って言う。『やめてください、私の前で』って」

と背景を説明すると、峯岸さんは


「えー、そうなんだ...。坂道グループは...。いや、でも、正直やっぱり、いなければいいのにな、と思ったことは、正直...」

と、本音を吐露。AKBの活躍の場が坂道に奪われていることも訴えた。



「やっぱり坂道グループが台頭してこなければ、まだAKBにあったCMがあったかもしれない。AKBが出るテレビがあったかも知れない」


その典型例だとみられるのが、アルバイト情報サイト「バイトル」のCMだ。14年にはAKB48グループが起用されたが、17年から乃木坂46と欅坂46が起用されている。ケンコバさんは、今は乃木坂が担当している「バイトル」CMの一節を口ずさみながら


「(AKBが)『バーイトするなら...♪』って、やってたかも知れんな」

と納得すると、アンガールズの田中卓志さん(42)も


「もう完全に(AKBと坂道が)入れ替わってるもんね」

と相槌を打った。



乃木坂はAKBよりも「かわいい」→「それ、だれも言わないんですよ、あえて」




峯岸さんの訴えはさらに加速した。



「そうなんですよ。だからAKBが表紙になれた雑誌があるかもしれない、って思ったら、正直やっぱり...『なんで出てきたかな』って思う気持ちは正直あります」


そこにケンコバさんが



「一個理由見えるよね。なんであんなCMすんのやろ、って。AKBがやってよさそうなCMを...ちょっとおれ、考えてみた。『かわいい』」


などと理由を推測すると、峯岸さんはさらに傷が深くなると考えたのか、必死で制止していた。



「やめてください!それ、だれも言わないんですよ、あえて。ネットでしかみんな言わない」


峯岸さんは18年8月のコンサートで、同期の前田敦子さん(27)の結婚を「国民と同じ」タイミングで知ったことを明かすなど、最近は「自虐トーク」が目立っている。



(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

J-CASTニュース

「峯岸みなみ」をもっと詳しく

「峯岸みなみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ