木村拓哉 現場凍った!吉高由里子まさかの「タクちゃん」発言

9月22日(金)6時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


木村拓哉(44)が主演する映画『検察側の罪人』(来年公開予定)の打ち上げが、都内の東宝スタジオで盛大に行われた。屋台が並んだ会場内で、出演者やスタッフ、約120人が集まったという。


「目についたのは、木村さんがスタッフひとりひとりに『お疲れさまです。ありがとうございました』と、律儀に挨拶をして回っていたことです。マネージャーを連れず、1人の“木村拓哉”として、深々と頭を下げているように見えました。若いスタッフたちとの記念撮影にも気軽に応じていましたよ。男性にはハグ、女性はやさしくエスコートしてあげるサービスぶりで、赤面した女性スタッフに『そんなになる!?』と大笑いしながら、カメラに収まっていました」(別の映画関係者)


呼ばれて挨拶に立つと、今回、初タッグを組んだ原田眞人監督(68)に「また呼ばれるよう精進したい」と頭を下げて話し始めた。


「(撮影前に)監督の作品を絶対見ておかないとと思い、『日本のいちばん長い日』を拝見させてもらったんですが、その直後に恐ろしい腹の痛みに襲われました。こんな作品を創る人と俺が1本やんなきゃいけないと思うと、すげえ腹が痛くなりまして(苦笑)」


壇上で木村は原田監督と熱い抱擁を交わした。じつはこの日、共演した後輩の二宮和也(34)と、ヒロインを務めた吉高由里子(29)は打ち上げを欠席。二宮はバラエティ番組の収録があり、遅れて駆けつける予定だったが、収録が押して間に合わなかったという。


「吉高さんも姿が見えなかったため、場内で“どうしたんだろう”と声が出ていました。そうしたら、“今日は急性胃腸炎で欠席されています”とアナウンスがあって。気心の知れたスタッフたちからは“来たくなかったんじゃないのー!”なんて声も飛んでいました(笑)」(前出・映画関係者)


この日は無念の欠席となったが、そんな軽口も飛び出すほど、撮影現場の雰囲気は良いものだったという。


「吉高さんの天然ぶりがさく裂して……(笑)。木村さんとすごく波長が合ったようで、大先輩の木村さんに『ねえ、タクちゃん』と普通に話しかけていて。周りはびっくりして凍り付いていましたが(笑)、木村さんも彼女をかわいがっていました。おかげで撮影もとてもスムーズで、打ち上げに吉高さんが来られなくて、木村さんも残念だったと思います」(前出・映画関係者)


打ち上げは夜9時前に終了。ここでも木村は“座長”としての責任を全うしていたという。ひとり会場内を回って、屋台の片づけをする職人全員に、「今日はおいしいご飯をありがとうございました」と丁寧に頭を下げていたのだ。ようやく木村が帰りの車に乗り込んだのは午後9時過ぎ。


だが、見送りに並んだスタッフに木村が大声で「お疲れ様でした。ありがとうございました!」と声をかけると、またもやハプニング発生!ドラマ『HERO』(フジテレビ系)でも共演した八嶋智人(46)が、「えー、もう帰るの?」とチャチャを入れたのだ。


「帰るよ!(笑)」


大声で言い返すと、木村は去っていったが、なんとも現場の雰囲気のよさが伝わってくる場面だった——。

女性自身

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

吉高由里子をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ