“古川雄輝史上最強”の身体に「腹筋はバッキバッキ」 週3トレーニングで役作り「本当はパンケーキとか食べたい」<モデルプレスインタビュー>

9月22日(金)21時48分 モデルプレス

モデルプレスのインタビューに応じた古川雄輝(C)モデルプレス

写真を拡大

【古川雄輝/モデルプレス=9月22日】俳優の古川雄輝がファッション&音楽イベント「GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER」(以下:ガルアワ)に出演し、バックステージでモデルプレスのインタビューに応じた。

◆初ガルアワ出演

ガルアワ初出演となる古川は、ダメージパンツに黒シャツ、グレーのコートを着こなしクールにランウェイ。ステージ先端では寄せられた歓声に笑顔を見せ、観客を魅了した。

10月20日からは、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ「重要参考人探偵」(よる11:15)に出演することも決定している古川。『月刊フラワーズ』(小学館刊)で連載中の絹田村子氏の同名漫画を初めて映像化した同作は、なぜかいつも殺人事件の現場に居合わせ、死体の第一発見者になってしまう不幸体質の主人公(Kis-My-Ft2・玉森裕太)がモデル仲間(NEWS・小山慶一郎、古川)とともに、巻き込まれてしまった殺人事件をスッキリ、痛快に解決するというストーリー。古川は、モデル仲間・シモン藤馬役を演じる。

今回のインタビューでは、初ガルアワの感想はもちろん、新ドラマの役作りのため始めたという筋トレについて語ってもらった。

◆役作りで筋トレ開始「腹筋はバッキバッキ」

— 初の「GirlsAward」お疲れ様でした。

古川:ランウェイは俳優の自分の居場所ではないので、緊張します。「出たらシーンとならないかな?」「コケたらどうしよう」とか。でも、僕のボードを持ってきてくださっている方や手を振ってくださる方がいて、嬉しかったです。

— すごい歓声でした!古川さんといえば、10月スタートのドラマ「重要参考人探偵」ではモデル役に挑戦されるということですが。

古川:そういった意味では勉強になります。演じている間は、モデルということを度々忘れてしまいそうな役柄ですが…(笑)。Wピースをしたり、1人だけ騒いだり、キャラクター的にも身体的にも僕と正反対の役です。

— 「身体的にも」?

古川:マッチョという設定なんです。漫画が原作になっていて、そこは忠実に。今、糖質制限と筋トレしています。

— 小さい顔がさらに引き締まっているのは、それが理由ですか!?

古川:今、史上最強に身体が完成されている状態です。腹筋はバッキバッキです。

◆具体的なトレーニング法は?

— どのくらいトレーニングを?

古川:腹筋は1ヶ月半で割れました。徹底的に糖質制限をして、鶏胸肉かささみしか食べず、夜は炭水化物抜いています。ラーメンとかとんかつとか、一切抜きです。

— ペース的には?

古川:週3でトレーニングしています。体脂肪減らしつつ筋肉がつくので、体重はあんまり変化がないんですが、体脂肪率は12%あったものを10%以下にしようと思ってます。10%以下にならないと、腹筋が見えないんです。

— 具体的なトレーニング法を、ぜひ教えてください!

古川:1番力を入れた腹筋は、腹筋ローラー、アブマット、レッグリフトを使いました。最初は、トレーナーさんについていただいていたんですが、今は自分でやっています。今日のお昼も、ささみ肉とサラダだけでした。

— 徹底されていますね。

古川:本当は、パンケーキとか食べたいんですけど、我慢しています(笑)。腹筋を見せなきゃいけないシーンの撮影があったんですけど、見せたことのないシーンになっていると思います。

— “見たことない古川雄輝”が。

古川:マッチョな俳優さんもいれば、細い俳優さんもいていいと思っていたので、今までわざと筋肉をつけてこなかったんです。元々筋肉がない方ですし、細身の役も似合うし。そんな僕に、まさかマッチョな役がくるとは…頑張っています!

— 最後になりますが、モデルプレス読者にメッセージをお願いします。

古川:モデルプレスの読者の皆様、お久しぶりです。ドラマではいつもと違う僕を観て頂けると思うので、ぜひ楽しみにしていてください!

— ありがとうございました。

(modelpress編集部)

■古川雄輝(ふるかわ・ゆうき)プロフィール

1987年12月18日生まれ。東京に生まれ、7歳でカナダ・トロントへ。以後11年間海外で育つ。高校入学と同時に単身アメリカ・NYへ。18歳で帰国し、慶應大学理工学部に入学。2009年ミスター慶應に選ばれたことをきっかけに、2010年ホリプロ50周年を記念して開催された新人俳優発掘オーディション“キャンパスターH★50withメンズノンノ”にて演技力を高く評価され審査員特別賞を受賞。ドラマ「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」NHK大河ドラマ「八重の桜」、映画「脳内ポイズンベリー」、映画「ライチ☆光クラブ」、連続テレビ小説「べっぴんさん」などに出演。今後は、主演ドラマ「僕だけがいない街」(2017年冬配信開始予定、Netflix)、ドラマ「重要参考人探偵」(2017年10月スタート、テレビ朝日系)、映画「曇天に笑う」(2018年公開)などが控えている 。また、12月には東京、愛知、大阪にて、毎年恒例のファンイベントも開催。

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

インタビューをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ