“小栗旬本人によるおばたのお兄さん”「まーきのっ」完コピ逆モノマネが話題 「良い人過ぎる」の声

9月22日(日)13時24分 モデルプレス

小栗旬(C)モデルプレス

写真を拡大

【モデルプレス=2019/09/22】俳優の小栗旬が、20日放送のフジテレビ系「全力!脱力タイムズ」(毎週金曜23:00〜)に出演。そこで披露した自身のモノマネをするお笑い芸人・おばたのお兄さんの“逆モノマネ”が話題を呼んでいる。

◆「全力!脱力タイムズ」で小栗旬パラレルワールドに

お笑い芸人・陣内智則とゲスト出演した小栗は、番組冒頭、陣内の後輩にあたるおばたの名前をあげ、メーンキャスターのアリタ哲平(くりぃむしちゅー有田哲平)が陣内に、小栗のモノマネをリクエスト。戸惑いつつ、陣内は小栗のモノマネに挑戦するも、クオリティーの低いモノマネに、小栗は「僕はバカにされているのかな?」と機嫌を損ねてしまう…という前フリがあった。

そしてエンディング、公開中の主演映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の宣伝のため、「間違えてはいけないので裏に資料を取ってきていいでしょうか?」とスタジオ裏にはけた小栗の代わりに、金髪にスーツ姿とこの日の小栗に寄せたおばたが同映画の看板を持って「お待たせしまーきのっ」と登場。映画の宣伝の途中で「再び資料があるのでとってきていいですか?」とはけると、今度は同じく小栗のモノマネをする芸人で、おばたとはW小栗旬ものまね”として漫才コンビ“マロンマロン”も組んでいる土佐兄弟の有輝が金髪にスーツ姿で現れ、小栗として宣伝した。

「全然似てない」という陣内のツッコミをよそに、有輝は小栗になりきって座席に座り、「僕のモノマネをされているおばたのお兄さんがすごく気になっていて」と明かし、有田がおばたがサプライズで来ていると告知。

「初めまして、小栗旬です」と今度は本物の小栗が登場し、おばたのモノマネに寄せてショートコント“栗拾い”を完コピ。「いただきまーきのっ」と首をかしげると、スタジオは拍手喝采となり、「やらんでええて!」と陣内はツッコミを入れた。さらに、有輝が「僕のことバカにしていませんか?」とクレームをつけると、小栗は「バカにしてません!リスペクトしてます」と姿勢を正し、有輝から”公認”をもらうと、「ありがとございまーきのっ」とキレよく感謝した。

◆おばたのお兄さん&土佐兄弟・有輝、小栗旬の神対応エピソード明かす

おばたと有輝が小栗のマネをし、本人がおばたのマネをするというカオスな状況で自身のモノマネを逆にコピーした小栗に、陣内は「良い人すぎるわ!」とコメント。ネット上でも小栗のモノマネが話題を呼び、「神対応すぎでしょ」「だから好き!」「かっこよくて面白いとか最高」「性格もイケメン」と絶賛の声が殺到している。

放送後、おばたはTwitterで「小栗さんがおばたのお兄さんとしてネタをやってくれたのですが、以前プライベートで会った時に、いつかそれやったらおもしろいよなぁって話してくれてて実現して感動です」とエピソードを披露し、3ショットを投稿。

有輝も「小栗旬パラレルワールド最高でした。ばた兄とも久しぶりに会えて嬉しかったなぁ〜そして小栗旬さんは相変わらずかっこよくて更に人間失格の打ち上げにも呼んでいただきまして終始1人だけ立ってネタを見てくれて最高にクールで優しい方です!!!」と映画の打ち上げにも参加したことを明かしている。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「小栗旬」をもっと詳しく

「小栗旬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ