シクラメン、人生初CM決定もまさかのカッパ姿

9月22日(金)21時2分 ナリナリドットコム

エステーは9月25日から、除湿剤「ドライペット」シートタイプの「クローゼット用」と「引き出し・衣装ケース用」の新CMとして“ドライカッパ”編の放映を、フジテレビ系列の提供番組から全国で開始する。

新CMには、カッパに扮するJ-POPグループ・シクラメンが登場。湿度が高くカッパにとって絶好の曇天の中、シクラメンはカッパ姿でラップ風のロック調のオリジナルCMソングを力強く歌い踊る。

撮影はジメジメした気候の中、河原で行われた。天気とは裏腹にカッパ姿のシクラメンは、好物のキュウリ型マイクを握りしめ、DJブースの前で韻を踏んだり、掛け声を入れたり、ラップ風のロックを力強く熱唱したり——。あまりの激しさに、口ばしが取れたり、靴下が搾れるほどの大汗をかきながらの撮影となった。

これまでシクラメンは、エステーのCMでは「ムシューダ」「米唐番」のCMソングを担当。今回が“初出演”となったが、「まさか自分たちが出演することになると思っていませんでした。人生初のCM、決まった瞬間も 撮影した日も 完成版を見た時も 夢のようでした」とオファーが届いてからずっと幸せな気分だったそうだ。

また、カッパになると聞いた時の気持ちは「小学生の時、きゅうりが大好きだったので、母親に『カッパ』と呼ばれていましたw 小学生の頃の夢が『カッパ』と『忍者』になることだったので夢が叶いました!w」と告白し、CMの撮影については「一度カッパの衣装を着ると脱げないのが難点でしたw 朝から夜まで着ていたので、インナーが絞れるほど汗をかきました。撮影後から数日 身体が痒かったですw」と苦労を振り返っている。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

カッパをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ