NHK-FMで8時間“フォークソング三昧” パーソナリティーは小室等

9月22日(金)19時9分 オリコン

NHK-FM『今日は1日“フォークソング”三昧~あぁ、これが青春!~』が23日に放送

写真を拡大

 元六文銭のフォーク・シンガー、小室等(73)がパーソナリティーを務め、70年代から80年代にかけてのフォークを特集した生放送番組『今日は1日“フォークソング”三昧〜あぁ、これが青春!〜』(後12:15〜後9:00 ※途中定時ニュースを挟む)が、NHK-FMであす23日に放送される。

 番組では、小室をメーンに岩沢幸矢(ブレッド&バター)、菅原進(ビリー・バンバン)、四角佳子(元六文銭)、白鳥英美子(トワ・エ・モア)、そして山崎ハコをスタジオに招き、番組の進行は黒埼めぐみアナウンサーがサポートしていく。

 同局が、フォークの番組を8時間にわたって生放送で特集するのは異例で、番組制作担当者は「今や、フォーク界の大御所は小室さん。その小室さんをメーンに据えてフォークを語り合う番組にしたい」と意気込み、関係者も「思いっきりレジェンドな音楽番組にしたい。大人が聴けるFM番組を目指す」と意欲を見せている。

 番組は基本的に聴取者によるリクセストで進行していくが、ゲスト出演者による生ライブなども随所に盛り込んでいくという。そのほか「小室秘蔵コレクション」や「小室スペシャルセレクション」と題した特別コーナーから「吉田拓郎特集」「井上陽水特集」なども予定している。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

フォークをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ