梅原裕一郎、ゲーム『甲鉄城のカバネリ』を絶賛「世界観が反映されている」

9月22日(土)18時10分 オリコン

『甲鉄城のカバネリ -乱- 始まる軌跡(みちあと)』発表会の模様

写真を拡大

 声優の小松昌平、黒沢ともよ、梅原裕一郎、千本木彩花が22日、千葉・幕張メッセで開催中の『東京ゲームショウ2018』の「DMM GAMESブース」に登場した。

 2016年に放送されたアニメ『甲鉄城のカバネリ』の正統後継作となるPC・スマートフォン用ゲーム『甲鉄城のカバネリ -乱- 始まる軌跡(みちあと)』。今秋リリース予定で、きょう22日から事前登録開始。会見では、オープニング映像、ゲームシステムが紹介された。

 「収録の段階ではどう動くのかわからない状態だった」と明かした梅原は、ほぼ完成状態の映像に「ものすごく世界観が反映されていて、収録を思い出して懐かしい気分になりました。ボリュームのある台本だったので皆さんも楽しめると思います」と絶賛。千本木も「めっちゃ力が入ってる!」と、クオリティーの高さに目を丸くした。

 イベントでは、劇場中編アニメーション『甲鉄城のカバネリ 〜海門決戦〜』が、2019年春に公開されることが発表された。前売り特典付きムビチケカードは、10月20日から発売。

 うれしいサプライズにファンが大きく沸くと、小松は「僕らのキャラクターがこうして誕生することができたのもファンの方が作品を応援してくれたからです」と感謝し「これからも“カバネリワールド”が広がっていくと思うので、そういう機会をいただけるためにも(ゲームの)事前登録をよろしくお願いします!」と呼びかけていた。

オリコン

「梅原裕一郎」をもっと詳しく

「梅原裕一郎」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ